看護師転職大作戦

老健の看護師求人を選ぶポイントと介護老人保健施設への転職で注意すべきこと

しくじり師長
ローレンロウ

ねぇねぇ、「顔はいいけど、性格がイマイチでケチな人」、「性格はいいんだけど、ブサイクでケチな人」、それから「すごいお金持ってておごってくれるんだけど、性格がイマイチなブサイク」どれがいい?
は?またナニ言ってんの!?
いいから、いいから。ねぇ、どれがいい?
私は性格がいい人がいいわ。お金は一緒に稼げばいいし、ブサイクも慣れるでしょ。
寛容ねぇ~!私はお金かな。ブサイクはお金で何とかなるし、おごってくれるなら性格も悪いとは思わないし。
そっか~。「顔」「性格」「お金」の三拍子揃っている人が一番いいけど、なかなかいないよね。

そうですね。何かを妥協しなければ・・・、この際、顔は・・・。

あ、そうそう。仕事探しも、

  • 希望の働き方ができる(雇用条件がいい)
  • やりがいがある(仕事の内容が自分に合っている)
  • 給料がいい(仕事に見合った収入が得られる)

この3つが揃った職場があればいいですよね。

もちろん!でも、働き方がいろいろだったり、仕事内容もよく分からないと、どうやって選べばいいのか分からなくなりそう。

はい、では今回は、そのいろいろな働き方がある「老健」の求人の探し方を中心に、老健への転職事情をご紹介しましょう。

老健ではどんな働き方が可能?

まず、介護老人保健施設(老健)の看護師の仕事をザックリおさらいしましょう。

老健の看護師は、在宅復帰に向けた入居者に対し、医療ケアやリハビリを行います。

健康状態の観察や服薬管理のほか、吸引や胃ろうなどの医療処置、医療機関との連携がおもな仕事です。

また、老健では多くの施設で夜間も看護師が常駐しています。

さて、このような老健ですが、老健の看護師にはどのような働き方があるでしょうか?

えっと、夜勤をする看護師とか、パートの・・・。

はい、整理してみましょう。

老健では、

  • 常勤(正職員)で交代勤務を行う(日勤も夜勤もする)
  • 日勤常勤(正職員またはフルタイムパート)
  • 日勤の短時間勤務(パート、アルバイト)
  • 夜勤専従(おもに非常勤)
  • 単発または不定期の夜勤バイト

さらに、施設に「直接雇用」される場合と、「派遣」で働く場合があります。

老健への転職の方法

次は老健への転職方法です。

もし、老健に転職するとしたら、何を優先して転職先を選びますか?

私は子供がいるから、日勤常勤かパートで働けるところがいいな。
私は経験が浅いから、医療処置が少なくて、介護士さんにイジメられなくて・・・。
私は医療体制がしっかりしているところがいい。いくら介護施設といっても、満足な医療を受けらずに、しかも家にも帰れない入居者が多いところはイヤだわ。

お、いろいろ良い意見が出ましたね。

『ゆずさん』は働き方で選ぶ、『みかんちゃん』と『れもんちゃん』は仕事の内容で選ぶ、というわけですね。

ちなみに、給料で選ぶという意見はありませんが、給料の良さを目的に「老健」を選ぶのはおすすめできません。

給料の良さを求めるなら、病院です。「介護施設のなかで-」であれば、有料老人ホームのほうがいいでしょう。

老健看護師の給料ってどれくらい?月収・年収は夜勤のありなしで変わる!
今日、老健に入所中の人が、急患で来たんだけど、そのときに付き添いで来ていた看護師さんが、超キレイな人だったの! へーっ!若い人なの? うーん?...

では、「働き方で選ぶ」「仕事内容で選ぶ」それぞれの具体的な方法を見てみましょう。

働き方で選ぶ

先ほど整理したように、老健の看護師にはさまざまな働き方があります。

「正職員として交代勤務で働きたい」「日勤のパートで働きたい」といった希望を明確にして、それに合った職場を探しましょう。

求人の募集要項で、勤務体制や勤務時間が不明確であれば、必ず確認しましょう。

●条件によっては該当施設が少ない場合も

夜勤可という条件であれば、多くの求人の中から選ぶことができますが、日勤常勤で正職員希望であったり、時間や曜日を細かく指定したパート、アルバイトなどの場合は、条件にマッチする施設が見つからない場合もあります。

その場合は?

できれば、第2条件や緩和できる条件を準備しておきましょう。

よく「応相談」ってあるけど、希望に応じてくれる、ってこと?

「応相談」は、「相談は受けますよ」であって、「希望を受けます」ではありませんよ。

「応相談」など、働き方が不明確なまま採用面接にのぞむと、施設側から別の働き方を強くすすめられ、断りにくくなる場合もあります。

働き方で職場を選ぶ場合は、押し切られて「望まない働き方」にならないようにしましょう。

仕事内容で選ぶ

老健は在宅復帰を目指す施設ですが、必ずしもみんなが自宅に戻れるわけではないということを思い出してください。

はいはい。病院に入院する人とか、老健で亡くなる人もいるんだよね。

そうですね。

入居者にとっては、在宅復帰率が高い施設が「良い施設」とされています。

在宅復帰率の高い老健の特徴

  • 病院や診療所が母体
  • 通所利用やショートステイの利用者が多い
  • 待機人員が多い
  • 施設や関連医療機関の医師が24時間365日駆けつけられる体制がある

参考:「介護老人保健施設における在宅復帰・在宅療養支援を支える医療のあり方に関する調査(2012年度)」

どうですか?こういう特徴の老健は、働く看護師にとっても「良い施設」なのでは?

うん、たしかに。医療体制がしっかりしてなかったら、病気が悪化したり、手遅れになることもあるしね。
通所の利用者が多ければ、夜勤も楽かも。

そうですね。

そして、どのような医療処置が必要な人を受け入れているのか、など、施設の基準が明確になっていると、そこでの看護の仕事内容も分かりやすいですよね。

看護師転職サイトを利用して、希望の転職先を探そう!

働き方や仕事内容、施設の良しあしなど、老健への転職を決断するには多くの情報が必要です。

看護師転職サイトを利用すると、これらの詳しい情報を知ることができ、安心して転職先を選ぶことができますよ。

経験が浅い、ブランクがあっても老健に転職できる?

正直、こんな人は老健はムリじゃね、って人いないの?

あー・・・。老健に限らず、介護施設は介護スタッフとの関係が問題になるので、人間関係にトラブルを抱えやすい人はムリでしょうね・・・。

それを言ったら、病院も同じじゃん!そうじゃなくて、経験が浅い人とかブランクがある人とか。

はいはい、そっちね。
経験が浅い人やブランクがある人でも、充分にやっていける職場だと思います。

ただし、医療面でのスキルは身につきにくいので、将来的に急性期の病院などで働きたいと思う人は、キャリア的にどうかな、とは思います。

病院からの老健への転職で注意すべき点とは

では、最後に、病院から老健への転職で注意すべき点です。

アレでしょ?介護士とバトるな!協力姿勢でのぞめ!

そうですね。基本はそれです。

そして、老健は病院ではありません。

老健でしくじってしまう看護師の傾向のひとつに、「病院が忘れられない」ということがあります。

介護スタッフに対してだけではなく、同僚の看護師に対しても、

「私がいた病院では、こうしていた」とか、「これだから施設はレベルが・・・」とか、言ってしまう看護師は、介護施設で働き続けることは難しいでしょう。

「だったら、病院で働けよ!」って言われるよね。

私も言いました、小声で。

小声かい!

施設の機能にしても、看護の仕事にしても、介護が病院の下にあるわけではありません。

このことは、老健に限らず、介護施設で働く看護師は忘れないようにしましょう。

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。