看護師転職大作戦

1日の流れでわかる!「NICUナースの仕事内容」一般病棟との違いを紹介します!

まったり中堅ナース☆
yun
実は…NICUへ転職しようか迷っているのよね。
NICU?れもんお姉ちゃん、病棟経験豊富なのにどうして?
そういえば、れもんは新人のころNICUで働くか迷っていたわね。
うん。でも新人でNICUへ行くと、一般病棟に行けないと思ったからはじめは病棟に就職したの。
そうだったんだ〜。
そう。でも、病棟経験はそれなりに積んでいるし。年齢的に考えると、NICUに移るなら早めの方が良いでしょう?
新しいこと始めるなら、若いに越したことないワニャン!
アッペは良いの!まあでも…早い方が良いかと思って。それでNICUで働くことを、改めて考え始めたのよね。
さすがだね〜。でもさ、NICUって、実際どんなことしてるの?閉鎖的なイメージだし、全く想像つかない!

『みかん』の言う通り、病院内でも閉鎖的なイメージを持つ人も多いNICUですが…。

実際にNICUで働く看護師は、1日をどのように過ごしているのでしょうか?

NICUで働く看護師の1日!業務の流れ

8:30 全体の申し送り
8:35 情報収集
8:45 担当からの申し送り
9:00 VS測定・体重測定・環境整備

VS測定→体重測定→環境整備を一連の流れとして、担当の赤ちゃんのケアを開始します。

血圧を計りたいと思っても、泣き出してしまって計らせてくれないのも、赤ちゃんを相手とするNICUならではの特徴。

一つ一つのケアを丁寧に。

赤ちゃんに刺激を与えないようにすることが、業務をスムーズに進めながら、赤ちゃんにも負担をかけないケアのためのポイントです。

10:00 授乳・オムツ交換

ミルクは3時間ごと。赤ちゃんの状態に合わせてミルクをあげます。

口からミルクを飲むことができる赤ちゃんは、哺乳瓶を使って哺乳の練習。まだ口から飲むことのできない赤ちゃんは、NGチューブからミルクを入れてあげます。

それだけではありません。一人一人、体重・週数・循環状態などに合わせてミルクの量が決まっているんですよ!

また、授乳に合わせてお母さんの面会があると、保育器の中で一緒に授乳をさせることもあります。安定してきた赤ちゃんが入るGCUでは直接授乳の練習も行われます。

12:00 休憩
13:00 VS測定・授乳・オムツ交換
14:00 面会対応・清潔ケア

面会が多い午後。

赤ちゃんの様子をお母さんに伝えたり、お母さんと一緒に授乳したり…赤ちゃんもお母さんも幸せな時間です☆

裸の胸で抱っこをするカンガルーケアをされる両親もいますよ。

また、保育器内での清拭・沐浴などもNICUナースの仕事です。赤ちゃんの体が冷えてしまわないよう、最新の注意を払う必要ありです!

16:00 授乳・オムツ交換
17:00 夜勤者へ申し送り・記録

これらが基本的な、NICUナースの1日の流れです。

患者さんの状態に合わせて、気管内挿管の介助やルート確保の介助などその都度処置をしていくのは、病棟と変わりはありません。

また、時にNICU内で手術が行われることもあります。

へえ〜。ミルクをあげたり体を拭いてあげたり…赤ちゃんかわいいだろうね。わたしもやってみたくなった!
またみかんは。ミルクも清拭も、そんなに簡単なものでもないのよ。相手は早産で生まれた赤ちゃんや、体重がうんと小さい赤ちゃんなんだから!
そうね。わたしの友達のNICUで働いている子も言っていたわ。何年やっても常に緊張感が走っているって。

『ゆず』の言うように、実際にNICUで働いていると、常に緊張感が走っています。

自分のケアの仕方・処置一つ・触れ方ですら、VSに大きく影響を与えるのが、NICUの実際なのです。

NICUでは刺激に敏感な赤ちゃんを相手とするので、一つ一つのケアを丁寧に行うことのできる力が必要です。

また、状態が変化しやすいため、適切な報連相ができることも重要ですね。

NICUと一般病棟との仕事の違い

ここまでNICUの仕事内容を見てきましたが、みなさんどんな感想を持ちましたか?

小さな変化も見落とさず、すぐに対応する力も必要ってことだね。わたしには怖い職場かも。
赤ちゃんは言葉では伝えられないからね。注意深い観察が重要だわ!

そう。『れもん』の言う、患者さんが『言葉で伝えられない』ということ。

これはNICUと一般病棟との大きな違いです。

言葉では伝えることのできない”赤ちゃんの声を聞く力”

これを養うことは、NICUで働くためには必要不可欠です。

VSのほんの少しの変化、活気、ミルクを飲む力など…常に注意を払い、変化に早く気づけるようにしていくことですね。

最初はもしかしたら、「この程度」と思うかもしれません。

ですがそれが後から、「もう少し早く対応していたら…」となることも多くあります。

実際わたしも、NICUに働いていたときは、「もっと早く報告して!」と言われたことが何度かありました。

でも、一般病棟に異動してNICUと同じように早めの報告をしても、「もう少し様子見て大丈夫」なんてことが多くありました。

そのくらい、”小さな変化に看護師が気づき、早めに対応する”ということが、NICUでは大切になります。

やっぱりわたしには苦が重い〜。大人がいいや。
そう感じる人も少なくないはずね。れもんは他にも気になっていることがありそうだけど…?
そうなのよね。今までの経験がそのまま生きるわけじゃないことはわかっている。それでもNICUに移りたいと思っているわ。だけど、ここまでやってきた病棟看護から離れるとなると、点滴やケアなどの技術が劣らないか、心配だわ。

NICUで働くデメリットとして考えられるのは、採血・点滴など、基本的な看護技術から離れることになるという部分。

だからこそ新卒で配属希望を出すには、迷うことも多いはずです。

確かに採血・点滴などの技術は必要とはされません。

しかしNICUで培われるであろう、迅速な対応力や判断力は、その後の看護にも活かされるはずです。

NICUナースになるために最も大切なこと

NICUの仕事についてお伝えしてきましたが、一番重要となのは、”赤ちゃんが好き”ということ。

赤ちゃんが好きで、愛情を持って接することができれば、赤ちゃんからのサインに気づくこともできるようになるはずです。

NICUでは小さな赤ちゃんが亡くなったり、我が子を見て涙する両親を励ましたり…。

精神的にも辛い場面に、何度もなんども遭遇することとなります。

そんなときも、やはり”赤ちゃんが好き”という気持ちが自分を励まし、辛い経験をしても赤ちゃんの看護に戻らせてくれるのです。

毎日小さい赤ちゃんの生命力を感じながら、可愛い赤ちゃんに癒しをもらい、生きるサポートができるNICU看護師。

他の病棟にはない楽しさがあると、わたしは感じていますよ。

NICUに挑戦してみたいと思ったら転職のタイミング!

NICU看護師になるのであれば、『れもん』の言うようにやっぱり早いに越したことはないと思います。

いくら経験を積んでいる看護師でも、初めてのことばかりになるから。

だからこそ、「挑戦してみたい!」と思ったその時がタイミングです。

とは言っても、NICUの求人は多い方ではないため、転職に戸惑うことも・・・

そこで活用できるのが、看護師転職サイト。

NICUを持っている病院は、総合病院・大学病院などの大規模病院です。

なかなか配属希望が通りにくいのが大きな病院の特徴でもありますが、転職サイトであれば、NICUへの配属を前提とした求人も紹介してくれることがあります。

中々見つからない!?NICUの看護師求人を探すための方法と転職術
みなさんは、NICUへの転職を考えたことはありますか? 同じ病院のNICUで働いている同期が言ってたな〜。忙しすぎるからもう少し小さいNIC...

NICUに興味を持ったあなた。

可愛い可愛い赤ちゃんの、頑張って生きる姿を一緒に支えていきましょう!

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。