看護師転職大作戦

ブランク2・3年の看護師でも復職できる?再就職する時の求人の選び方と心の持ち方

ゆるゆるママナース
yumi

お姉ちゃん、産休取ってブランクが空いたときどうだった?
そりゃあ、いろいろ忘れてて困ったわよ~。でも周りは「できるっでしょ」っていうしさあ…。なんかあったの?
今度うちの病棟にブランク2年明けの人が来るんだ…。どう扱っていいのかな~
まあ、気負わず普通に!相手も不安だろうし、親切にね。
う、うん…

2・3年のブランクを経ての復職は、周囲も不安ですが、本人が一番不安なんですよね。「大丈夫かなあ、いろいろ忘れちゃってないかな」て。

その割に期待されるし。

そうなんですよね。ブランク前の経験にもよりますが、年齢を重ねていれば、それだけ期待されてしまうものです。

この記事では、そんな期待をされがちなブランク2・3年の看護師が復職するときの心構えや、求人の探し方についてお伝えします!

ブランク2・3年目看護師のねらい目求人

ブランク2・3年の看護師は子育てのために仕事を離れていた人と、自分の健康上の問題などで仕事を離れていた人がいますよね。それぞれの事情によって狙うべき求人が違ってきます。

子育て世代のブランク2・3年目看護師

子育てにめどがついて再就職するブランク看護師は、求人選びに注意が必要です。

ブランク2・3年目だと離職してからそれほど時間がたっていないので、独身の身軽な時のように働けそうな感覚が体に残っています。

でも、もし子供がいる場合は子供の年齢児応じて、子供に負担をかけない職場選びをする必要がありますね。

うん、これを忘れると、家や子供が荒れる原因になる
むきになってブランクを取り戻したいと思って、家庭が荒れたんじゃね…

むきになる人ばかりではありませんが、ブランクあり看護師が育児優先で再就職するとなると、

  • 残業がない(派遣・扶養内パート)
  • 通勤が便利(駅近の検診クリニックや総合病院)
  • 育児支援がある(院内保育ありの病院)

などの求人を選んだ方がいいでしょう。

健康面でブランクがあった看護師ねらい目の求人

身体的・精神的に健康面で心配な看護師が、いきなり常勤のフルタイムに復職するのは厳しいでしょう。病気が再燃することも心配です。

まずは時間や期間を決めて、短い間時間・期間働ける求人を探しましょう。具体的には

  • 単発の派遣
  • 有期雇用の派遣
  • パート
  • 週末のみの休日診療所

など。

まずは短めの日数や時間で看護師として復職し、働くことに慣れて、これで自信がついたら再就職をすればいいのではないでしょうか。

リハビリみたいなものね。
自分をいたわることも大事だワニャン。

ブランク2・3年目って復帰しやすいの?

ブランク2・3年看護師、就職先はこう見る

私自身、子育てで看護師から離れた時期がありました。「ブランクが2・3年あるともう看護師として必要とされないんじゃないか…」と、再就職に不安を感じますよね。

でも大丈夫!2・3年なんて、ブランクのうちに入らないわ!
ママの長い看護師人生からすると、でしょ…

いえ、そうではありません。ブランクのある看護師はブランク前の経験がどのくらいあるかで需要が違ってきます。

ブランク前が3年以上の経験がある場合、非常にニーズが高いのです。

ブランク前の経験が3年以上で、今ブランクが2・3年だったら、感覚もすぐ戻るでしょうし。雇う側としては、いい人材よね。

もちろん、ブランク前の経験が3年未満でも、求人はあります!私の友人も2年ブランクがありましたが、求人探しから一月で急性期病院に採用になりました…。

復職前の準備

ブランクがたった3年でも、その間に看護の法改正や診療報酬の改正もあったりします。看護ニュースは確認しておくことですね。

病院勤務の予定なら7:1看護などの看護師の配置基準とか、介護施設で働くなら施設での看護師の配置基準とか。
うっかりすると変わることがある…
テストがあるわけじゃないけど、万が一面接でそうしたことが話題になって「全く知りません」では困るもんね。

知らなくて面接に落ちることは無いにしても、看護師として働く以上、最新のことは知っておいた方がいいですよね。

私もブランク後の復職をして実際感じたのは「ジェネリックの薬が増えたなあ」という事。患者さんのお薬手帳を見て、「え、これ何だっけ?」と思うことも。

特にカタカナに弱い人はなかなか覚えられなくって辛いのよ。
みかんの場合、カタカナ以外もなかなか覚えないんじゃ…
てへh

内服薬はCT造影などの検査や、各種の手術前に止めなければいけない物があったり、患者さんの観察をするときに「副作用が出ていないのか」知っておかなければいけませんよね。主要なお薬のジェネリックは知識として持っておきましょう。

ほかにも、抗凝固剤とか、中性脂肪の薬とか。
あとは降圧剤、血糖降下剤…
便秘の薬はどうでもいいけど!

いや、どうでもいいということではないですね、優先度は低いのですが。

また、検査や処置の手順の確認もしておいた方がいいですよ。ずっと働いていた時は手が勝手に動いていたのに、久しぶりで実際に働くと「あれ?」と思う事もあるので。

自分の看護力を過信してはいけません!

2・3年のブランクって1番「自分は忘れていない気持ち」になりがちなんです。ブランク前に経験があった人こそ、謙虚な気持ちでいる事を忘れないようにしましょうね。

私ってできるわ~~♪
みかんが言うなッ

ブランク2・3年を経ての復職は

新卒よりもあえて既卒をとる職場は、既卒の利点を最大限に生かしたいと思っています。

そんなに頑張って教育しなくても「使える」ってこと!

使えるって言い方はどうかと思いますが…。そうなんですよね~。「経験あるんだし、出来るでしょ?」という期待の目で見られます。既卒であっても仕事ぶりを確認できるまでプリセプターはつけるべきなんですが、そこを省略する求人もあるんです。

プリセプターなし・ブランクへの配慮がない求人もあります。そのあたりは、転職サイトなどで事前に確認することをお勧めします。

また、きちんとプリセプターがついてもトレーニングをしてくれる先輩が「微妙に年下」のことなどがあるんです。でもこの際、プライドは気にせずに素直に分からないことは「分からない」と聞きましょう。

新人じゃないからそこそこの働きは期待されるけど、気持ちはどこか素直な新人気分もかじる事がブランク2・3年の看護師がうまくやっていくコツです。

ブランク2・3年の看護師は特に、「自分に期待されている姿は何なのか」を意識して働いていきましょうね!

★ 看護師が理想の職場を見つける方法 ★

今いる職場に不満のある方は、転職を考えてみてはいかがですか?もっといい職場に巡り合うための一番の近道は「看護師転職サイト」です。

  • 自分が希望する勤務場所・勤務形態・給与・福利厚生などの条件を伝えるだけで、希望に合う求人だけを厳選して紹介してもらえる。
  • 月収40万円以上の病院、夜勤なしでも高収入の病院、病院以外の珍しい求人などの非公開求人が見つかる。
  • 求人情報だけではわからない離職率人間関係など、職場の内部情報を教えてもらえる。

このようにメリットが多い転職サイトですが、どの転職サイトでも良いわけではなく、マイナビ看護師のように、担当者が求人先に足を運んで情報収集をしている信頼のできる転職サイトを使わなくてはいけません。

以下に信頼できる大手転職サイトを厳選したので、ぜひ参考にしてみてください(※すべて無料で利用できる厚生労働省認可の転職サイトです)。

人気転職サイト BEST 3

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。