看護師転職大作戦

やりがいが何か分かわからない看護師さんへ【仕事にやりがいを見出す方法】

しくじり師長
ローレンロウ

三姉妹の皆さんは、どんなことに仕事の「やりがい」を感じますか?

患者さんに感謝されたときとか……。でも正直よく分からない。
自分のスキルを生かした仕事をやってるとき。
……。
ゆずちゃん、「やりがい」ないの?
これが、っていうのはないかも。ただ看護師として仕事ができることとか、それによって収入を得られることは嬉しいなとは思うけど……。
結婚したからそうなったの?
おばさんになったから?

何にやりがいを感じるかは、人それぞれです。やりがいに良し悪しはなく、まわりがそれをどうこう言うものでもありません。

『ゆずさん』のように、ライフスタイルの変化によって、やりがいが変わってくることもあります。

「ナースはつらいよ」のライターさんにとった「仕事にやりがいを感じる瞬間はいつですか?」というアンケートでは、

  • 患者さんに○○さんが担当で良かったといわれた
  • 自分を必要としてもらえた
  • 先輩や医師にほめられた、感謝された
  • 自分の提案、方針が採用された
  • 知識や技術が役に立った
  • 自分の行為や判断が良い結果をもたらしたとき

など、さまざまな声がありました。

三姉妹の皆さんの考えと合わせて、「看護師が仕事にやりがいを感じなくなってしまう原因」を、以下の3つに分類してみました。

①やりがいが何か分からない
②仕事とのミスマッチ
③マンネリ感

ちょうどいい具合に、

『みかんちゃん』は①

やりがいが何か分からない

『れもんちゃん』は②

仕事とのミスマッチ

『ゆずさん』は③

マンネリ感

といったところでしょうか。

今回は、やりがいを感じないことの原因が、①やりがいが何か分からない、にある場合の対処法について、『みかんちゃん』と一緒に考えてみましょう。

その他の原因は下記からどうぞ↓

仕事が合ってない・やりたいことができない看護師はやりがいを求めて転職しよう!
仕事だからしょうがないけど、やりたくないことばかり任せられると、仕事の「やりがい」を感じなくなるわ。 私も患者さんに感謝されると嬉しいけど、果た...
仕事に飽きてしまった…看護師がマンネリを打破してやりがいを取り戻す方法
やりがいねぇ……、なんだったっけ、それ? 患者さんに感謝されたときに「看護師やってて良かった」ってならないの? 自分のスキルが、バチーッとハマった...

「やりがいが何か分からない」の正体とは

『みかんちゃん』は、患者さんに感謝されたときに「やりがい」を感じると言ってましたが、反対に感謝されなかったときはどうですか?

うーん……。これでよかったのかな?って不安になります。

そうですよね。自分では頑張ってはいるんだけど、誰かに認めてもらえないと、「これでいいのかな」「ちゃんと看護師としての仕事ができているのかな」と不安になってしまいます。

つまり、「やりがいが何か分からない」の正体は、「人に認めてもらえない、自分はこれでいいのだろうか」という不安です。

自分で自分を正しく認めているかを考えよう

「患者さんに感謝されない」「医師や上司、先輩に認めてもらえない」「思うような結果が出せない」などによって、自分自身の評価を下げてしまっていませんか。

また、「患者さんに頼りにされていない」「プロジェクトのリーダーに選ばれなかった」「○○さんは先生に褒められたのに、自分は何も言われない」など、誰かに認めてもらうことを求めすぎていませんか。

看護は、看護師の努力と結果がつながらなかったり、成果が見えにくいことの多い仕事です。

人の評価ではなく、正しく自分を認める「自尊感情」を持つことが必要です。

自尊感情?

自尊感情とは、「自分は大切な存在なんだ」「価値のある存在なんだ」と思う心です。うぬぼれや自意識過剰とは異なります。

自分の長所や短所を正直に受け止めていることが重要で、自分の短所を認めなかったり、人と比較して優越感を持つことは、自尊感情とは言えません。

誰にでも短所はあるからね。 ちなみにパパの短所は、ダンディすぎることかな?
……。
みかんたちに、「ありがとう、パパってすごいね。頼りになるね」って言われなくても、パパはみかんたちの成長をとても嬉しく思っているし、父親としても誇りに思っているでしょう?
うんうん!
うんうん!
それと同じで、患者さんに「ありがとう」って言われなくても、病気の回復や退院を心から嬉しく思う気持ちは、看護師としての自尊感情があるからじゃないかな?
そうか!そう思うときって、確かにあるよ。

人の評価だけに捕らわれることなく、正しく自分を知ることが「やりがい」を見つける第1歩です。

やりがいを求めて転職する

目標管理の面談や、採用面接などで「あなたのやりがいは?」と聞かれると、何やらそれらしいことを言ってしまいませんか?

あります! 「患者さんのためにお役に立てること私のやりがいです!」とか言っちゃいます。

ま、ウソではないと思いますが、面談や面接用ではなく、本当に自分にとっての「やりがいとは何か」をしっかりと考えておきましょう。

自分にとって「やりがい」になり得るものを考えてみる

初めから「人のお役に立つ」などと高尚なことは考えなくてもいいんです。

自分が「得意なこと」「好きなこと」から「やりがい」を見つけていきましょう。

好きなことは、マンガを読んで昼寝をすることですが……。

マンガと昼寝は、なかなか仕事のやりがいには直結しませんが……。

ちょっと考え方を広げてみましょう。

自分にそういった「好きなこと」があるということは、患者さんや他の誰にでも、「その人なりの好きなことがある」と理解することができますよね。

ある患者さんは「働くこと」が好きなのかもしれませんし、ある患者さんは「食べること」が好きなのかもしれません。

そうした患者さんの希望になりうることに着目して、それを実現できるためのサポートをしたい、というのも「やりがい」ではないでしょうか。

なるほどね。

それでも「やりがい」が分からない場合は

やりがいが分からない原因が「職場環境」にあるケースがあります。

人手が足りず常に残業を強いられるような不適切な労働環境や、イジメやパワハラなどの人間関係に問題がある職場では、やりがいを感じることはできません。

やりがいが何か分からなくなってしまった人は、新たなやりがいを見つけるための転職をお勧めします。

●看護師転職サイトの活用して「働きやすい職場」に転職

やりがいを見つけるためには、労働環境や人間関係が良い「働きやすい職場」であることが重要です。

求人情報に書かれていることだけでなく、時間外勤務の実態や人間関係、看護師の定着率などの詳しい情報が必要です。

コンサルタントならではの詳しい情報や、実際の職場の雰囲気をつかむための病院見学の調整など、看護師転職サイトの力を有効に活用して、新たなやりがいを見つけられる職場を探しましょう。

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。