看護師転職大作戦

看護師が嫌になったら異業種への転職もアリ!?おすすめの看護師以外の仕事を紹介!

ねぇ、本気で看護師以外の仕事を考えてみたことある?
うーん、ないこともないけど、ほかにできそうなこともないし……。
私が看護師以外でできそうなことって言ったら、女優ぐらいでしょ?
あーハイハイ、いじわるな看護師役ならピッタリ!
……。

「苦労して取った看護師の資格だけど、看護師の仕事が嫌になってきた」
「看護師の仕事は自分に向いていないかも。ほかに適職があるはず」

そんな悩みを抱えて、看護師を辞めてほかの仕事をしたいと思ったことはありませんか?

看護師以外の仕事の中にも、看護師としての資格や経験を生かせる仕事があります。

看護師から転職できるおすすめの仕事と転職の方法、さらに異業種への転職で知っておくべきことをまとめました。

「看護師資格」を生かせる看護師以外の仕事

医療機関や施設以外の職場にも、看護師資格を生かせる仕事があります。

CRC(治験コーディネーター)

CRCとは、SMO(治験施設支援機関:治験の仕事を支援する民間企業)に就職し、病院に派遣され、治験(開発中の薬剤の安全性や有効性を確認する治療試験)を受ける被験者(患者さん)のサポートを行う仕事です。

CRCは医療に関する知識が必要なため、医療系の資格(看護師、薬剤師、臨床検査技師など)をもつ人が多く就業しています。

CRCは治験スケジュールの説明や服薬に関するサポートなど、直接被験者(患者さん)と接する機会が多く、看護師としてのコミュニケーション能力を生かせる仕事です。

CRA(臨床開発モニター)

CRAとは、CRO(開発業務受託機関:治験を実施する製薬会社などの民間企業)に就職し、病院に派遣され、治験がきちんと行われているかをモニタリング(チェックや指導)する仕事です。

CRC同様、医療に関する知識を必要としますが、被験者(患者さん)と直接関わることはありません。

また、CRAは、CRC以上に薬剤に関する知識やデータ処理能力が求められます。

フィールドナース(クリニカルスペシャリスト)

フィールドナース(クリニカルスペシャリスト)とは、医療機器や器材を扱う企業に就職し、自社製品の病院への営業を行う仕事です。

自社製品の売り込みのほか、使用方法の説明やサポート、研修などを実施します。

医療や看護技術に関する知識のほか、現場の看護師とのコミュニケーション能力が求められる仕事です。

なんかOLみたいでカッコイイよなぁ。もちろん夜勤もないんでしょ?

もちろんありません!

◆CRC/CRA/フィールドナースの働き方

CRC/CRA/フィールドナースは、正社員または契約社員として雇用されます。

夜勤はなく、土日祝日が休みとなるところがほとんどです。

残業は派遣先や仕事内容によってまちまちです。

看護師としての「知識やスキル」を生かせる異業種

看護師は、病気や療養の知識だけでなく、コミュニケーションや相談対応などのスキルを持っています。

看護師以外の仕事でも、これらの知識やスキルが生かせる仕事があります。

カウンセラー

カウンセラーとは、悩みや相談ごとに対して、話を聞きアドバイスをする仕事です。

病気、就職や進路、家庭問題など、さまざまな分野にカウンセラーがいます。

相談者の心理や社会的背景の理解、援助的なコミュニケーションの取り方など、看護師としての知識やスキルを生かせる仕事です。

転職コンサルタント

転職コンサルタントとは、転職に関するアドバイスや連絡調整を行う仕事です。

特に、看護師の転職では、看護師としての経験やコミュニケーション能力を生かすことができます。

エステティシャン他美容関連業

エステやマッサージ、リフレクソロジー、アロマテラピー、ネイリストなど、美容に関する施術を行う仕事があります。

これらの仕事では、看護師としての知識(皮膚構造や循環動態の知識)やコミュニケーション能力を生かすことができます。

◆カウンセラー/転職コンサルタント/美容関連業の働き方

カウンセラーや転職コンサルタント、エステティシャンなどは、企業に雇用されるほか、独立開業する働き方があります。

勤務時間は、雇用形態(常勤・パート・アルバイトなど)や事業内容によってさまざまです。

コールセンターの仕事

製薬会社や食品会社などには、健康に関する電話相談を受ける仕事があります。

このようなコールセンターのオペレーター業務でも、医療の知識や相談対応能力を生かすことができます。

看護師から転職できるその他の一般職種

ここまで見てきた仕事は、看護師として働くものではなくても、なんとなく「看護師っぽい」ですよね。

うんうん。もっと「脱・看護師!」的な仕事はないの?

はい。では、特に看護師の資格や経験にこだわらず、女性に人気の仕事が、こちらです。

女性に人気の仕事
一般事務 書類作成や電話対応、来客対応など
医療事務 レセプト作成やカルテ管理、病院受付業務など
飲食店店員 (ホール担当)注文受け、給仕、片づけなど
(厨房担当)調理、片づけ、仕込みなど
アパレル・ファッション関係 (ショップ店員)接客、商品整理、レジ業務など
(バイヤー)仕入れ、買付など

異業種への転職で「あると有利な資格」

看護師以外の仕事には、「資格が必要な仕事」や「資格があると転職しやすい仕事」があります。

異業種への転職で「あると有利な資格」をみてみましょう。

パソコン関連の資格

●CRC/CRA/企業看護師

CRCやCRA、企業看護師になるには特別な必要な資格はありません。(看護師資格があればOK)

病院看護師よりも、事務作業やデータ処理作業が多くなるため、パソコン操作の資格があると有利です。

●一般事務

一般事務職に就くための必須の資格はありませんが、パソコン操作に関する資格や簿記の資格があると、転職に有利です。

医療事務関連の資格

医療事務関連は、非常に多くの民間資格(医療保険請求事務者、診療報酬請求事務能力認定など)があります。

医療事務への転職にはこれらの資格があると有利ですが、比較的かんたんに資格取得できることから、人気が高く、資格を持っている人も多くいます。

カウンセリング関連の資格

●カウンセラー

カウンセラーの国家資格は公認心理士のみで、この公認心理士の資格が必要な職場もあります。

その他多くの民間資格(産業カウンセラー、心理カウンセラー等)があり、これらの資格が転職に有利な場合があります。

コンサルティング関連の資格

●転職コンサルティング

転職コンサルティングでは、国家資格であるキャリアコンサルティングの資格が必要な場合があります。

また、その他多くの民間資格(CDA資格など)もあり、それらの資格が転職に有利となることがあります。

美容関連の資格

美容関連の資格では、国家資格である理美容師のほか、多くの民間資格があります。

また、資格でなくても、関連団体の認定証や講習会等の終了証があると転職に有利な場合があります。

また新たな資格となると、ちょっと気が重いな……。
もう若くないしね……。
……。
大丈夫だって!シニアでも簡単に取れる資格もあるらしいよ。TVとかネットでよく見るもん。
シ、シニア……。

ん?資格については、ちょっと注意が必要ですよ。

国家資格は難易度が高く、大学教育を必須とするものもあります。

一方、民間資格は、通信講座などで比較的簡単に取得できるものもあります。

民間資格は数も多くありますが、なかには、社会的な認知度が低く、転職や実務の役に立たない資格もあることを知っておきましょう。

異業種への転職で知っておくべき注意点

看護師ほど多くの求人はない

慢性的に人手不足の看護師に比べると、異業種の求人はそれほど多くはありません。

参考:厚生労働省「求人倍率の高い職業の動向」

看護師に比べて収入は下がる

看護師に比べて異業種の給料は低く、看護師からの転職によって収入が下がるケースが多くなっています。

看護師と専門異業種の給料の比較
看護師 月収33万円 年収480万円
CRC 月収27万円 年収440万円
CRA 月収33万円 年収520万円
フィールドナース 月収28万円 年収450万円
カウンセラー 月収27万円 年収440万円
コンサルタント 月収28万円 年収450万円
一般職の給与相場
オペレーター 月収26万円 年収360万円
販売店店員 月収24万円 年収330万円
給仕従事者 月収23万円 年収290万円
理美容師 月収23万円 年収290万円

一見、高収入に見えるCRAやコンサルタントも、能力給や成功報酬型の給与体系のところも多く、未経験の転職者がすぐに高収入を得られるものではありません。

やっぱり、看護師って高給取りなのね。
でも、そのぶん仕事はキツイし、夜勤もあるし。
お金を取るか、楽さを取るか……。

ん?ちょっと待ってください。これらの異業種の仕事が楽とは限りませんよ。

以下、看護師には耳の痛い話が続くワニャン!

看護師は世間知らず!? 社会常識が欠けている

看護師は多くの専門知識や能力を備えていますが、その知識や考え方には「専門職特有の偏り」があることを自覚しておかなければなりません。

知識や重要性の基準が「医療」や「健康」に偏っており、社会常識にも疎い傾向があります。

また、患者さんに寄り添うコミュンケーションの取り方や、くだけた言葉づかいが、医療以外の職場では、ビジネスマナーに欠けていると判断されてしまうこともあります。

看護以外のスキルが低い

それぞれの業種、業界には、仕事に必要な知識や能力があります。

いちおう接遇は習ってるし、パソコンも使えますがっ!

残念ですが、

  • 接客業での応対に、看護師の患者対応力は通用しない
  • 病院の電子カルテ操作や簡単な文書作成のスキルでは、パソコン操作力は足りない

です。

すべて、一からの学びなおしになると覚悟しておいたほうがよいでしょう。

一大決心!看護師以外の転職の方法

看護師を辞めて異業種への転職には、大きな決断をしなければなりません。

その決断のためには、充分な情報が必要です。

また、「なぜ看護師から異業種に転職したいのか」という、自分の考えをしっかりとまとめておくことが大切です。

多くの求人情報を見てみよう!転職先の探し方

●看護師転職サイト、専門の転職サイトを利用する

異業種の仕事内容の詳しい情報や、丁寧なサポートが受けられる専門の転職サイトは、初めて病院以外の仕事に就く人にとって心強い存在です。

看護師資格を生かした転職(CRCや企業看護師への転職)の場合は、看護師専門の転職サイトの利用をおすすめします。

ただし、一般的な看護師転職サイトでは、病院の求人が中心となり、看護師資格を生かした異業種(CRCやCRAなど)の求人を取り扱っていない場合があります。

CRCやCRA、フィールドナースへの転職では、これらに強いマイナビ看護師を使うのがおすすめです。。

●一般の求人情報サイトを利用する

医療以外の看護師とは全く異なる職種への転職を考えている方は、多くの業種・職種の情報が集まるリクナビNEXTのような求人情報サイトも見てみましょう。

どのような仕事があるのか、給料や時給の相場や雇用条件などの情報を得る機会にもなります。

「なぜ看護師を辞めたの?」へはどう対処すべきか?

看護師の資格がありながら、異業種に転職する場合、「なぜ看護師を辞めてこの仕事に?」と、あらゆる場面で尋ねられます。

看護師を辞める理由はさまざまですが、ここで「看護師の仕事が嫌になったから」は禁句です。

特に採用面接でこのように答えてしまうと、「仕事が嫌になったら辞める人」と思われてしまうばかりか、自分自身が前向きになることができません。

「なぜこの仕事を選んだのか」「看護師として経験したことや能力をどう生かしたいのか」を充分に考えておきましょう。

もしものときは、病院看護師に戻ることもできるの?

もし、ほかの仕事に就いてもうまくやっていけなかったら、また看護師に戻れるの?

看護師への復職は可能

意を決して異業種に転職しても、「思ったよりも難しい仕事だった」「自分には向いていなかった」と思うこともあるでしょう。

こうした場合でも、人手不足が続く看護業界なので、看護師への復職は可能です。

ただし、看護師としてのキャリアに、次のような影響があることは理解しておきましょう。

看護師キャリアへの影響

●医療系企業での経験の場合

CRCやフィールドナースなどの医療系業界での経験は、看護師への再就職時にはマイナス評価にはなりませんが、プラス評価にもなりません。

給与面でも、その間は看護師の経験年数として換算されない場合があります。

ただし、技術的なブランクはあっても、身につけた患者さんとのコミュニケーション力や、薬剤、医療機器に関する知識を「病院での仕事に役立てたい」と売り込むことはできます。

●医療系以外の経験の場合

医療系以外の仕事(一般事務、飲食業、販売業など)の経験は、看護師へ再就職時にはマイナス評価されやすくなります。

安易な転職を繰り返していると判断されやすく、前回看護師を辞めた理由を問われることがあります。

  • なぜ看護師を辞めて異業種に転職したのか
  • なぜ再び病院看護師に戻りたいのか

について、相手を納得させるべく理由を準備しておく必要があります。

出戻りには厳しいね……。

看護師から異業種への転職では、収入やキャリアへの影響があります。

このことを踏まえ、「なぜこの仕事に就きたいのか」をしっかりと考えておくことが大切です。

異業種の仕事の内容や働き方に関する情報を充分に集めて、自分に合った仕事を見つけましょう。

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。