看護師転職大作戦

スキルアップはキャリア形成の一部!看護師のスキルアップと転職について

しくじり師長
ローレンロウ

キャリアは「経験」、スキルは「能力」でしょ。
じゃ、スキルアップは能力がアップすること?
でも、その「能力」ってのが、ザックリしてるよね。
患者さんは言いたいことがあるのに、我慢していることに気付いてあげられる「能力」とか・・・。
なんだか急変が起こりそう、という気配を察知する「能力」とか・・・。
師長の機嫌の良しあしを、確実に嗅ぎ分けられる「能力」とか・・・。

このように、看護師にはさまざまなスキルがあり、多くの看護師が「スキルアップしたい!」と考えています。

なぜでしょう?

前回は看護師のキャリアアップについて解説しましたが、今回は、看護師のスキルアップの方法とスキルアップための転職について詳しく解説しましょう。

看護師のスキルアップとは

スキルとは、訓練で身につける能力や技能、資格を意味します。

スキルアップとは、これらがアップすることですが、先ほど三姉妹のみなさんから上がったように、スキルは非常に幅広いものです。

看護師のスキルアップとは、

  • 一般的な看護技術が身につくこと
  • 専門的な看護知識や技術、技能が身につくこと

を指します。

看護師であれば、どの職場でも必要となるスキルもあれば、専門によって必要なスキル、そうでもないスキル、もあります。

このことは、キャリア形成や転職にも大きく関連することなので、しっかりと踏まえておきましょう。

看護師のスキルの評価

ところで、スキルの評価って、可能でしょうか?

できるようになった!って自分で思っていても、まわりはそうは思ってないし・・・。

そうですよね。

『みかん』はレベルが上がった!
かしこさが2ポイント上がった!
すばやさが1ポイント上がった!
最大HPが20になった!

みたいに、ハッキリ数値でも出ればいいのですが・・・ね。

そういうわけで、能力を評価する方法として、次のようなものが取り入れられています。

スキルを評価するさまざまな方法

●新人看護師経験チェックリスト

その職場で必要な技術や技能を、新人看護師がどのくらい身につけているかを客観的に評価するための「チェックリスト」を活用している職場があります。

教育担当者や先輩看護師が、「できる/できない」とか「経験した/経験できていない」などを評価基準に則って評価をします。

●クリニカルラダー

新人看護師以外では、看護の実践レベルを段階的(ラダー)に示した、クリニカルラダーやキャリアラダーを活用している職場があります。

これらの評価は、あくまでも評価者が評価するので、絶対か、というとそうではありません。

また、職場独自の評価表であり、全国共通のスケールではありません。

一方、専門資格は、共通のスケールになりうるものです。

●専門資格を取得する

看護師にはさまざまな専門資格があります。

指定の研修を受けるもの、実績を提出するもの、試験を受けるものなどがあり、資格があるということは、一定のスキルがあると認められたことになります。

<看護師の専門資格の一例>

  • 専門看護師
  • 認定看護師
  • 認定看護管理者
  • ケアマネージャー
  • 救急救命士
  • 呼吸ケア指導士
  • 消化器内視鏡技師

など

専門資格には、難易度や公共性によって「格」があります。

専門看護師や認定看護師は、日本看護協会が認定する「格」の高い資格ですが、民間資格のなかには、よく知られていない「あやしい資格」もあります。

スキルアップは給与アップに直結するわけではない

技術や技能を身につけ、専門資格を取得しても、それが必ずしも給与として評価されるわけではありません。

がーん!

日本看護協会の調べでは、専門看護師や認定看護師に対し、手当や昇給などの給与上の評価をしていない職場が6割となっています。。

「格」が高い専門看護師や認定看護師の資格であっても、この現状です。

なので、「能力」「技術」「技能」という、評価しようのないスキルが給与で評価されることは、まずありません。

スキルアップで働き方が変わる、広がる!

じゃあ、なんでみんなスキルアップしたがるの?給料も上がらないんじゃ、意味ないじゃん!
『みかん』には、「誇り」というものはないんか!
そうよ。スキルアップはお金のためだけじゃなくて、自分の自信にもなるじゃない?

そうですね。スキルアップをすることで、求められる仕事を確実にこなせるようになり、やがてそれが自信となって、まわりからも期待される看護師になりますよね。

期待されても・・・。期待はお金で・・・。

それもそうです!「期待をするなら、金をくれ!」

スキルアップすることで、働き方が変わる

スキルアップは給料に直結はしませんが、スキルアップすると

  • 仕事の範囲が広くなる
  • 仕事の専門性が高くなる
  • 仕事の裁量が大きくなる

つまり、キャリアアップつながります。

キャリアアップすると、転職市場での価値も上がり、良い条件で転職できる、というお話をしましたよね。

して・・・ましたね。

スキルを生かし、キャリアアップを目指した転職をする

能力や技術力が高いことを評価されると、前の職場よりも、仕事の範囲、専門性、裁量の大きな仕事に採用されたり、将来的にその可能性がある転職をすることができます。

特に専門資格は、「スキルがある」ことの評価となるため、転職には有効です。

ただし、専門資格であれば何でもいいわけではありません。

「あやしい資格」はもちろん、転職先では生かしようのない専門資格は無効です。

スキルアップを目指した転職をする

自分が高めたいと思うスキルが、今の職場では高められないケースはたくさんあります。

たとえば、

  • 外来だけのクリニックに在籍しているけど、終末期看護のスキルを高めたい
  • 介護施設に在籍しているけど、救急医療のスキルを高めたい

などです。

そもそも、なんでそこに就職したの?と言いたくはなりますが、経験するなかで進みたい道が変わることもあります。

そのときは、自分が高めたいスキルを高められる職場への転職を考えましょう。

●看護師転職サイトの活用

スキルを高めたい転職では、看護師転職サイトを活用した求人探しをおすすめします。

募集要項の仕事内容や労働条件だけでなく、教育体制や専門資格取得の支援体制など、詳しい情報を得て転職先を選ぶようにしましょう。

●職場に必要なスキルを理解しておく

少し極端な例ですが、「私は、内視鏡検査技師の資格があります!」と介護施設の採用面接でアピールしても、「は?」となりますよね。

もしくは、「で?」となるよね。

はじめに言いましたが、どの職場でも必要なスキルもあれば、専門によって必要なスキル、そうでもないスキル、があります。

生かされないスキルをアピールすると、仕事内容を分かっていないと思われるばかりか、「キャリア形成ができていない」と評価されてしまいます。

どういうこと?

『みかんちゃん』は、5年後、10年後はどういう風に仕事をしていたいと考えていますか?

・・・。

どのようなスキルを身につけていくかは、キャリア形成に大きく関わってきます。

やりたいことがコロコロ変わっては、スキルが磨かれず、中途半端でバラバラのスキルしかない看護師になってしまいますよ。

オールラウンダーになるもん。

オールラウンダーはオールラウンダーなりのキャリア形成があります。なし崩しでなるものではありません!

自分のキャリア形成を見越したスキルアップをすることが大切ですが、まだ進みたい道が見つからない人は、「広く応用できる」スキルが身につけられる求人を探しましょう。

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。