看護師転職大作戦

潜在看護師とは~潜在看護師になる理由と再就職事情~

ゆるゆるママナース
yumi

看護大学の同級生が今主婦なんだけど、私の病院に復職したい・・って様子を聞かれたの
あら、良いじゃない。同級生がいれば心強いでしょう。
それを1年くらい言ってるんだよね・・。
あら。家にいすぎて、看護師に戻るのが怖くなっちゃったのね・・
口だけってやつか
あんたにだけは言われたくないでしょうね

『ゆず』の友人の様に、ナースに戻ろう戻ろうと思いながら、時間がどんどん過ぎてしまう・・という人は年々増えています。

看護師の資格を持ちながら、看護師として勤務していない潜在看護師の数は、なんと71万人。

勿体ないッ!!

まあ、社会資源としては勿体ないのですが、働く勇気が出ない人もいるのですよ。看護師だって人間ですから意欲と体力がないと働くことは難しい。

でも、もう一度看護師をやってみたいな、と考えて家にいる人もいるのです。

この記事では、そんな潜在看護師がどうして生まれるのか、復職はどうしているのかなど、その実態につてまとめ、ご紹介いたします。

多くのナースが潜在看護師になる理由

潜在とか・・人をモグラみたいに、失礼ね~。なんでそんな風に言われるの?

確かに。潜在看護師とは言いますが、潜在OLという言葉は聞きません。会社員は人手不足は会社の問題ですが、看護師不足は社会の問題だからこんなに騒がれるのです。

では、潜在看護師はどのようにして生まれるのでしょうか。

1年目ショック

看護学生の時に学ぶ事は、解剖や疾患など本当に基礎の基礎。本当に看護師として働くのに必要なことは、働きに出てから学ぶ方が多いですよね。

1年目では圧倒的な知識不足を実感し、毎日が常に勉強です。覚えなければいけない知識も業務量も多い。

  • シリンジポンプや呼吸器の使い方・異常の見つけ方
  • 疾患の病態生理
  • 挿管など処置の物品準備と介助
  • 薬品や物品請求の仕方
  • など

仕事の多さに加え、初めての受け持ちの患者さんが無くなった時、薬剤ミスなどインシデントを起こした時など、責任の重さがきついと感じ、1年目で辞めたのなる人が多いのです。

最近では一度OLをした人や、大学を出てから看護師を目指す人も増えているけど・・
みんな、この仕事のきつさにびっくりするわね。ついて来られない人が潜在ナースになるのかも・・。

1年目で離職し、時間がたってから「やっぱりナースに戻りたい」と思った場合は、知識や技術の確認など、準備が必要ですね。

結婚・妊娠・出産

交替勤務・超過勤務のある常勤はなかなか家庭との両立が難しい。結婚・妊娠・出産などがきっかけで辞める人が一番多いという統計も出ています。(参考:日本看護協会

この理由で離職した人は、離職前1年目・2年目などの教育をしっかり受けてい居る人が多いのです。

離職時の年齢が若く、「私の看護はこういうものよ!」と、高すぎるポリシーで周囲とぶつかる事もないので、比較的復帰しやすいといえます。

私もこの理由で離職していましたが、復職ですごく困った・・と感じたことは無かったですよ。

健康上の理由

夜勤を含めた交替勤務、ミスを犯してはならないストレスなど、看護師の仕事は肉体的にも精神的にもきつい。そのきつさから、体調・心のバランスを崩す人もいます。

私が見た中では

  • もともとあった持病の悪化(甲状腺など)
  • うつ状態
  • 重症の蕁麻疹の発症
  • 突発性難聴の発症
  • など・・

どのナースも、仕事を離れると症状は軽快したと聞いています。ただこうした方も、「体調が落ち着けばまた看護師がしたい・・」と思うのです。

健康上の理由で潜在看護師になった方の復帰には、日勤パート・病院以外の職場など、健康に障りのない職場を選ぶ必要がありますね。

潜在看護師の種類

潜在看護師として過ごしている人の気持ちは人それぞれ。ここでは、よくあるタイプを紹介します。

看護師に未練がない人

一度看護師になったものの、やっぱり自分には合わない、と思い退職した方です。

●結婚・出産など家庭の事情で辞めたナース

家庭が一番幸せと考え、主婦業に専念する方です。

看護師も主婦業も片手間ではできない仕事です。両立するとなると、どこかで手を抜くか、全力で無理するしかありません。

この理由でナースを辞めた人は「そんなに大変な思いをするくらいなら、看護師は辞めてしまおう」と思い、家庭に入っています。

子供がいる人は子供が幼稚園の間ママ友とランチしたり、いない人は自分のペースで家事をしたり。

未練なしでナースを離れた人は、主婦業も楽しめるわね。
いいなあ、憧れるウ

●ほかにやりたい仕事が見つかったナース

ナースになる人は好奇心旺盛なタイプが多く、「アッ、こっちのほうが面白そう」と、他の職種に転職する人もいます。

知人の中では、臨床経験を生かしてカウンセラーになった人。全く違う職種で雑貨屋さん・スポーツインストラクターになった人がいます。

このタイプの潜在看護師は、ナースに戻ることは稀です。

ナースに戻りたい

結婚などの理由で離職し、「いつかは復職したい」と考えながら、なかなか勇気が出ないタイプです。

このタイプはやる気は秘めているので、復職支援を受けるなど、ほんの少しのきっかけでナースに戻ることが出来ます。

今はナースにならなくても、経済的な理由や家庭環境の変化で、将来「ナースで稼ぐ必要」が出てくることがあります。

将来気が変わった時のことを考え、看護雑誌を見たり、看護ニュースに注目しておくようにしましょう。

そういえば、子供の大学のお金を払うためって、主婦からナースに復職した人いる。
子供の教育資金は現実だもん。他の職種より稼げるものね・・

潜在看護師の再就職事情

潜在看護師の再就職は、ブランクの期間によって事情が異なってきます。

1~2年のブランク期間

1~2年程度のブランク期間がある潜在看護師が復職をする場合、在職中の臨床経験が3年以上あれば即戦力として見なされることがほとんとで、採用にそこまで不利になることはありません。

また、在職中の臨床経験3年未満であっても、研修やOJTに乗せて指導してくれる病院を選ぶなどすれば、再就職にあたって大きな心配をする必要はありません。

5年以上のブランク期間

ですが、5年以上のブランク期間がある潜在看護師が再就職するとなると簡単ではありません。

医療資材や治療方法がガラリと変わっていることもあり得ます。使ったことのない輸液セット、最新タイプの輸液ポンプや人工呼吸器、モニター類、電子カルテなど・・・覚えることはたくさん。

慣れるのには一苦労ですが、感覚を取り戻すことができれば十分に経験を発揮できるのではないでしょうか。

10年以上のブランク期間

ブランクが10年以上となると、復職支援セミナーの参加や事前の勉強は必須です。採用してもらえる病院も限られてくるでしょう。

体力的な不安もあると思うので、まずは週2~3回のパートや1日6時間勤務などで徐々に身体を慣らしていくのがおすすめです。

今求められている潜在看護師の現場復帰

潜在看護師の皆さん!ほんとにそのままでいいの!?

『れもん』は一人で熱くなっていますが・・・

この世から病気が無くならないので、看護が不要となることはありませんし、高齢化により介護の現場でもナースが必要とされています。

そういえばネットでナースの求人って常に出てる・・

それはこれからもずっと続きます。私たちが生きている間には看護師が余る時代などやってこないでしょう。「お願い!働いて!」と求められて働けるって、幸せなことだと思いませんか?

世の中から必要とされている今、もう一度看護師として医療の現場に携わってみませんか?

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。