看護師転職大作戦

いま注目の働き方!病棟の日勤常勤で働く看護師の仕事・求人の探し方を紹介!

しくじり師長
ローレンロウ

ねぇねぇ、病棟の日勤常勤って何?
外来とか検査室なら分るんだけど、病棟で日勤だけって、今ひとつピンとこないんだけど・・・。
そうよね。夜勤がないだけ、ってこと?
だったら夜勤は誰がするの?少ない人数で回すとか?
ブラック病院じゃん。
多分、私たち騙されてるのよ、あの人に・・・。
そうね。「病棟で夜勤なしの日勤のみ、常勤であわよくば正職員の求人がありますよ」なんてウマい話があるわけがない!アイツめ!

あの…、私のことでしょうか?

出たな!病棟の日勤常勤なんてオイシイ話で騙そうたって、そうはいかないわよ!
いや、騙しているわけではないんでしょうけど、正直「病棟の日勤常勤」ってどんな仕事なのか分からないんですよ。

そうですよね。

では今回は、その今注目の働き方!「病棟の日勤常勤」を徹底解説しましょう。

病棟の日勤常勤ってどんな仕事なの?

まずは、病棟の日勤常勤の看護師が、どんな仕事をしているのかをみてみましょう。

基本は交代勤務の看護師と同じ! 日勤のスタッフ業務を担当

2交代や3交代で勤務する看護師と同じように、日勤のスタッフ業務を担当します。

職場によって看護体制はさまざまですが、チームナーシングの中で特定の仕事を担当したり、プライマリーナーシングの中では、交代勤務で不在となる受け持ち看護師の補佐的な役割を担うこともあります。

専門スキルがものを言う!「毎日同じ看護師が担当するメリットがある仕事」を担当

できれば、毎日同じ看護師が担当したほうがいい仕事があると思いませんか?

あるある!リハビリでも「昨日の看護師とやり方が違う!」って怒られたりするし、傷の治り具合だって毎日見ていたほうが変化が分るもんね。

そうですよね。

交代勤務なので仕方がない部分はありますが、「できれば同じ看護師が-」という仕事はたくさんあります。

「リハビリ担当」や「創傷処置担当」のほかにも、

  • フットケア担当
  • 学生指導担当
  • 新人教育担当

などは、担当者が日替わりではない方が好ましいですよね。

病棟によっては、日勤常勤の看護師が、こうした役割を担っています。

そっか、そうなると生かせる資格や経験があるといいわよね。

病棟の日勤常勤のメリット

病棟の日勤常勤が人気の働き方と言われる理由は、ほかの「夜勤なし・日勤のみ」の仕事と比べて、大きなメリットがあるからです。

正職員であれば、給与や雇用が安定している

日勤常勤で正規雇用(正職員)であれば、原則として交代勤務の看護師と同じ給与体系であり、非正規雇用のように、病院側の都合で雇止めとなることもありません。

ボーナスとか退職金も・・・。

もちろんあります。

ただし、「日勤常勤の場合は」と個別の給与規程を作っていたり、不文律に個別のルールを押し付けてきたりする職場もあるため、注意が必要です。

その点については、次の章で詳しく説明するワニャンッ。

キャリアダウンにはならない

日勤のみの仕事というと、病院の外来やクリニック、介護施設など、経験できる医療処置が限られている職場が多いですよね。

しかし、病棟であれば、診療科ごとの専門的な検査や治療、看護の経験ができ、キャリアダウンにはなりません。

いや、そんなウマい話があるわけがない・・・。

そうなんですよ!

病棟の日勤常勤は、非常に人気が高い働き方なので求人への応募も殺到しますが、よく考えておかないと、思わぬ落とし穴もあるんです。

こわーっ!

病棟の日勤常勤の求人の探し方と転職の注意点

病棟の日勤常勤求人は希少 看護師転職サイトを活用しよう

病棟の日勤常勤の求人は増えているとはいえ、まだまだ希少です。

年度初めなどにまとめて募集することも少なく、多くは不定期の募集です。

こうした希少な求人を見逃さないためにも、看護師転職サイトの利用をおすすめします。

病棟で日勤常勤が募集される裏には、「夜勤専従看護師」の存在があります。

夜勤だけを行う看護師の雇用することで、日勤常勤の看護師を雇用できるようになります。

なので、夜勤専従看護師を募集している病院は、日勤常勤求人のねらい目かもしれませんよ。

病棟で日勤常勤として働く場合の注意点

いよいよここからです。

これまで、病棟の日勤常勤のメリットや、労使双方のニーズの高さを説明してきましたが、イイことばかりではありません。

やっぱりね。なんか怪しいと思ったわ。
さぁ!かかってきやがれ!

では、遠慮なく。

病棟の日勤常勤の転職の際の注意点を説明しましょう。

●時間外勤務は覚悟

日勤常勤でも正職員であれば、時間外勤務の指示を正当な理由なく拒むことはできません。

子育てや介護のために時間外勤務ができない場合は、応募時や面接時にその旨を伝えておく必要あります。

「日勤常勤だから、残業はしなくてもいい」と安易に考えていると、トラブルの元になりますよ。

●土日勤務

病棟は365日稼働している職場です。土日や祝日も勤務者が必要です。

土日のローテーションに日勤常勤を含んでいる職場も多いため、土日の休みを希望する人は、どの程度対応可能かを確認しておきましょう。

●病棟会議や委員会活動、研究活動の参加

同じく正職員であれば、求められる活動です。

「日勤常勤なの参加できない」という理由は通用しないので、どういう活動であれば参加できるかを考えておきましょう。

正職員の日勤常勤って、フルタイムパートさんと混同しそうだけど、正職員だからね。
うん、うん。その分、保障もあるんだしね。

ところが、ですよ。

その保障が怪しいところもあるんです!

なんですと!

●常勤=正職員ではない! 雇用形態の確認はお忘れなく

くり返しますが、募集されている日勤常勤のすべてが正職採用ではありません。

このことを、あえてあやふやにして募集しているところもあるようです!

応募の際には、必ず雇用形態の確認をしましょう。

●給与や福利厚生が交代勤務の看護師と同じであるか

正職員としての採用であっても、日勤常勤の看護師には個別の給与規程を設けている職場があります。

そしてそれは、交代勤務の看護師よりも劣る条件になっています。

「日勤常勤の場合は、給与は10%減になります」など、給与規程にも書かれていないことを、あとから言い出す職場もあると聞きます。

応募前にこれらのことを自分で調べるのは難しいので、看護師転職サイトの担当コンサルタントの力を借りましょう!

●夜勤を勧められるかも

極めつけはコレです。

応募の際に「将来的に夜勤が可能」と申し出ているケースでは問題はありませんが、まったく夜勤ができず、「夜勤がないこと」を条件に就職したにも関わらず、執拗に夜勤を勧めてくる職場もあります。

夜勤ができないことで、処遇や待遇が悪化するようであれば、その職場には見切りをつけるべきでしょう。

病棟の日勤常勤は人気の働き方で、求人には多くの応募があります。

しかし、看護師を集めたい病院側が、この動きを悪用し、「病棟の日勤常勤」として採用しておきながら、夜勤を含めた他の働き方を求める職場もあります。

雇用条件や労働条件、給与体系については、「こんなはずじゃなかった~!」とならないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

もう誰も信じられない・・・世の中汚れてるわ・・・。

いや、そういう印象を持たせてしまったのならスミマセン。

病棟の日勤常勤は、本当に今、求められている働き方なんですよ。

だからこそ、いやな思いをせず、いい仕事をしてもらいたいので、注意事項を多めに盛り込んでみました。

若干、多すぎましたかな、ハハハハ・・・。
お腹一杯よ!

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。