看護師転職大作戦

「産休・育休中の転職」や「産休・育休明けすぐの退職」はアリ?ナシ?

ズボラ主婦で一児のママ
まこ

産休・育休明けすぐに退職。アリかナシかと言われれば…?
法的にはアリ
社会的にはナシ

という所でしょう。

なぜそんな事を聞くの?
友達がもうすぐ育休が終わって復帰予定なんだけど、仕事に戻る自信がないみたい
ぬるいわね
お友達の気持ち分かる!子供が何かあった時に傍にいてあげたかったり、ブランクの事を考えたり、色々悩むと復帰するより退職したいって思うのよね!

ママになり、産休・育休中に一度は思いませんか?復帰いややな…。と。

退職や転職も理由が通ればすんなりイケル!わだかまりなくフェードアウトするためにはどうするべきか!?

そんな悩みをもつママナースご覧あれ。

あなたの退職理由は認められそう!?

退職に至った理由にも様々なものがあると思います。

  • 子供が可愛いので、復帰後も働く意思が途絶えた
  • 産休、育休中に妊娠し、今後の仕事継続を辞めた
  • 旦那さんの転勤などで勤務先に通えない事情ができた
  • 家族の介護など、育児に加えて復帰を厳しくする要因ができた

などなど。あなたの理由はありますか?

明らかに勤務先に通えない、仕事復帰が難しい場合には職場も致し方ないと了承の印を速やかに押してくれるでしょう。

しかし、妊娠や育児専念と言った理由の場合、上司や先輩から、

育休とったからには復帰しなさいよ

なーんて嫌味の一つは言われる覚悟がいります。

妊娠も子供は授かりものなので、計画的とはいきません。

育児も出産前と考え方が変わることだってあるわ

いずれも正当な理由ですが、職場はすんなりそれを受け入れられないのも事実です。スタッフからも冷ややかな視線を浴びせられるかもしれません。

産休・育休中の職場の考え方

なぜ職場はそんな嫌味を言うのか。それは、復帰して仕事継続することを前提に産休・育休をとってもらっています。

言い換えれば、育休明けにもしばらく働いてくれる事を前提に新たな人員の確保や検討は行なっていません。

なので、産休・育休明けすぐに退職されてしまうと、即座に新たな人員補充に勤めなければならず、結果として職場に苦労をかけている事になります。

産休・育休中も人手が補ってもらえて、その人で今後カバーできるなら話は別よ
相変わらず冷酷なんだから!

ただ実際は、産休・育休中の人は名簿に名前がある限り欠員とはならず人員補充がされない所が多いのも現実。

慢性的な看護師不足だと、多部署からもなかなか応援にきてもらえないし、すぐに人員補充も難しいのよね

そんな事を聞くとますます辞めづらい…。と思うでしょう。

でも、あなたの理由と気持ち次第ではスムーズフェードアウト=SFO(以後SFOで。)も可能です!

退職する看護師を2パターンに分けると

本来復帰して仕事継続は可能だが、退職を希望する看護師にも2パターンあります。

今までの職場に申し訳ない気持ちで一杯、やはり人員確保の見通しがつきそうな短期間だけでも仕事をしようかなと悩む人。

産休・育休がとれ、せっかくの給付金も貰えているのだから、名一杯貰って復帰後即座に退職しようという考えの人。

言わずもがな、後者に対する視線は冷酷です。今後産休・育休を取ろうと思っている人にも悪影響が出ないとも限りません。

退職の意思が固まれば直ぐにでも職場に伝える。もし育休中であっても伝えるなら早ければ早い方が良いのです!

「少しでも給付金を!」という考えはナシです。

あとは、どれだけ割り切って潔く辞めるか。退職の意思を示すなら、自分の心に鉄壁を作っておきましょう。

それがSFOの鍵です。

産休・育休明けすぐの転職はアリ!?

はじめに、転職=今の職場を退職。なので、アリかナシかは、退職時と同様の考え方でしょう。

つまりナシね
いや、アリじゃない?

そして、退職後に再度違う職場で働くという事は、今の職場では育児との両立が難しいと考えているということになります。

そう考えると、転職先は今の職場以上にママナースが働きやすい環境が整った医療機関を探さねばなりません。

ママナースが働きやすい職場環境

  • 24時間保育施設がある病院
  • 時短勤務があり、時間内に仕事が終われる
  • 病児保育がある
  • 勤務先が家から近い
  • 育児経験者が多く、上司・スタッフ共に育児と・仕事の両立に理解がある
  • 子供が体調不良の時や用事があれば、気兼ねなく休める
  • 土日祝日は休み

などなど。挙げれば要望は幾らでも浮かびます。これら全ての条件を満たしている病院やクリニックで求人募集があれば

奇跡!

でしょう。逆に、これら全てを掲げて募集している医療機関は、

ウソくさい

はい、実態が気になるところです。採用されやすい背景に退職者が多いかもしれません。

では、転職先として夜勤が少ない又は無い。定時で上がれる事が多いことを前提にするなら、

などが挙がるかと思います。また、雇用形態を健診バイトのように常勤からアルバイト・パートに変更するのも一つの方法です。パートでの求人も多くあるのでパートで働き、実際働いてみた上で常勤に変わるという手もあります。

子育てママナースの働き方はパートがおすすめ?パート求人選びのコツを紹介!」も参考にしてみて下さい。

転職する際にも、本当に働きやすいのかどうか、何に重きを置いて働くのかを考えて十二分に検討する必要がありますね。

お友達にも決めるなら早めに!と伝えなさい

看護師転職サイトでは、子育てと仕事を両立しやすい職場の紹介を行ってくれます。1人ではどういった職場が良いのか判断が難しいので相談してみてはいかがでしょうか。

産休・育休中の退職や転職は勇気が要る事ですが、子供のためを思う退職・転職なら先手必勝でSFOを目指しましょう!

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。