看護師転職大作戦

デイケアで働く看護師の仕事内容と給料は?求人の探し方も教えます!

しくじり師長
ローレンロウ

「デイ、デイっていうけど、『デイサービス』だけじゃないって知ってた?」
あー、アレねー。
また、よく知らないんでしょ?
……。
ホントに介護系の施設はいろいろありすぎて分からなくなるわよね。

ですね。

これまでにも、さまざまな介護施設の看護師の仕事についてご紹介してきましたが、今回は、「デイケア」です。

デイサービスと混同されがちなこの施設には、どのような機能があり、看護師はどんな仕事をするのでしょうか。

デイケアの看護師の仕事と転職の方法について解説しましょう。

デイケアってどんなところ?

デイケアとは

デイケアとは、指定の施設で専門員がリハビリテーションを行う、日帰りの「通所リハビリテーション」です。

高齢者を対象とした介護保険の「デイケア」(本記事)のほか、精神疾患患者を対象とした「精神科デイケア」があります。

高齢者デイケアの対象者

高齢者のデイケアは、病気や認知症によって以下の症状などがあり、機能の回復を必要とする要介護者を対象としています。

  • 身体機能・運動機能の低下
  • 認知症による異常行動や理解力の低下
  • 摂食・嚥下障害とそれによる低栄養
  • 言語障害

デイサービスとの違いは

デイケアもデイサービスも、どちらも「通所」のサービスです。

デイサービスが、食事や入浴、機能訓練などの介護サービスを行う一方、デイケアは、リハビリテーションや機能の回復に重点が置かれ、デイサービスに比べ、医療的なケアも充実しています。

施設には、リハ専用の部屋や器材・器具が設置され、医師の指示のもとで理学療法作業療法言語療法を行います。

デイサービスとデイケアの違い
デイサービス おもに日常生活ケア、レクレーション
デイケア おもにリハビリテーション

デイケアの設置背景

デイケアは、病院またはクリニック、介護老人保健施設(老健)に併設した施設でサービス提供しています。

医療法人での設立が多く、施設数はデイサービスほど多くはありません。

デイケアの看護師の配置基準

デイサービスとは、人員配置においても違いがあります。

デイケアでは、以下の専門職の配置が義務付けられています。

デイケアの人員基準
医師 常勤1名
(病院・クリニックに併設の場合は兼務可)
理学療法士(PT)
作業療法士(OT)
言語聴覚士(ST)
看護師・准看護師
介護職
10対1以上
へー!医師もいるんだ。
専門職は、看護師じゃなくてもどの職種かがいればいいの?

基準上は問題ありません。しかし、安全管理のため、ほとんどの施設で、最低1名の看護師を配置しています。

デイケアの看護師の仕事と必要なスキル

利用者の健康管理と緊急対応

デイケアの看護師は、

  • VS測定・観察
  • 服薬管理
  • 医療処置(主治医の指示のもと)

などを行います。

デイケアで行われるおもな医療処置は、

  • 喀痰吸引
  • インシュリン注射
  • 胃ろう・ストーマ・尿道カテーテルの管理
  • 褥瘡や創傷の処置
  • 軟膏塗布
  • 酸素療法

などがあります。

デイケアの看護師に必要なスキル

デイケアは、デイサービスよりも医療必要度の高い利用者が多い傾向があります。

上記の医療処置もあり、デイケアの看護師には、基本的な看護スキルが必要です。

また、認知症の高齢者も多く、認知症看護の知識やコミュニケーションスキルが必要です。

ザックリいうと、他の介護施設で必要なスキルと変わりない感じ?

そうですね。

「デイケアだけ」で必要とされるスキルはない、と考えておいて良いでしょう。

デイケアの看護師の働き方

デイケアの勤務体制と勤務の特徴

デイケアの看護師は、日勤のみ勤務体制が多く、時間外勤務は多くはありません。

また、土日が休みのところも多く、こうした勤務体制が、育児や介護と両立したい看護師の人気の理由のひとつです。

ちなみにデイケアには、デイサービスのような「お泊り」はありません。

他職種との連携

デイケアには、専任の常勤医師、介護職員、リハビリテーション職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)がいます。

看護師は1人体制のところが多く、多職種と常に連携を取りながら仕事を行います。

デイケアの看護師の給料

基本給と各種手当

病院・クリニック・有料老人ホームとの比較
デイケア 月収 20~25万円 年収 350~400万円
デイサービス 月収 20万円 年収 350万円
クリニック 月収 25万円 年収 400万円
病院(病棟勤務) 月収 32万円 年収 480万円
有料老人ホーム 月収 28万円 年収 450万円

夜勤がある病院や有料老人ホームよりも低い水準ですが、夜勤のないクリニックやデイサービスとはほぼ同じ給与水準となってます。

正職員であれば、おおむね次のような手当が支給されます。

  • 看護師資格手当 10,000~15,000円程度(正看護師の場合)
  • 時間外手当
  • 通勤手当
  • 住宅手当

ボーナスや退職金、福利厚生は、施設によってさまざまです。

経験や専門資格の評価は?

デイケアの看護師の経験評価の有無、条件は施設によってさまざまです。

また、認知症看護や高齢者看護の専門知識が仕事の役には立ちますが、ほかの介護施設同様、専門資格を保有した看護師が在籍していても、施設の報酬上は評価されません。

デイケアの看護師に対し、専門資格の手当を支給しているところはほとんどありません。

デイケア看護師の時給

デイケアでは、正職員としてではなく、パートやアルバイトという働き方もあります。

デイケア看護師の時給
時給 1,200円~1,800円

デイケアでの看護師の時給は、デイサービスやクリニックとほぼ同水準です。

デイケアの求人探し!転職方法は?

デイケアの看護師の求人傾向

デイケアは、看護師の求人数はそれほど多くはありません。

病院に比べると仕事も負担が少なく、夜勤もないことから、応募が集まりやすい人気の職場ですが、離職率も少なく、パートやアルバイトなどの非正規雇用が多い傾向があります。

また、多くのデイケアでは看護師を1~2名しか採用しません。

デイケアの勤務に向いている人、注意が必要な人

●向いている人

高齢者看護やリハビリテーションの経験または、関心がある人は、デイケアの仕事に向いています。

●注意が必要な人

デイケアの仕事は、新人や経験が浅い人には不向きです。

デイケアの看護師には、

  • 高齢者疾患に関する広い臨床知識
  • 緊急時に一人で判断、行動できる力
  • 他職種との柔軟に折り合っていく人間関係能力

が求められます。

でも医師がいるんでしょ?安心じゃん。

デイケアの医師は、運営主体である病院や老健との兼務が認められています。

ほとんどの場合、デイケアの時間中ずっと、医師が看護師やほかのスタッフのそばにいるわけではありません。

緊急時には、医師に代わって医療的な判断を下さなければならないケースもあります。

また、デイケアでは看護師は一人のところが多く、教育体制も整っていません。

ほかの介護施設でも言えることですが、看護師の少ない、もしくは1人となるデイケアでは「経験のある看護師」を求めています。

また、デイケアは、デイサービスよりも「医療より」とはいえ、系統的な看護実践の機会は病院には及びません。

看護師自身のキャリア形成の面でも、新人や経験の浅い看護師のデイケアでの就業はお勧めしません。

デイケアの求人の探し方

●看護師転職サイトを活用

デイケアは、デイサービスよりも医療処置を必要とする利用者が多く、求められるレベルもさまざまです。

設置主体(病院・クリニック・老健)によって、仕事内容や雇用条件の違いもあります。

看護師転職サイトを活用し、施設ごとの詳しい仕事内容や働き方を理解した上で、希望に合った職場を探しましょう。

●ほかの介護施設の求人も視野に入れた転職活動を

デイケアに限定して求人を探しても、求人数が少ないため、思うような転職先が見つからない場合があります。

ほかの介護施設(デイサービス・有料老人ホームなど)とも、仕事内容や条件を比較検討してみることも必要です。

介護分野にも詳しい看護師転職サイトを利用し、コンサルタントの適切なアドバイスを受けた上で、希望のデイケアへの転職を決断しましょう。

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。