看護師転職大作戦

外来看護師の求人選び方!求める条件に合わせた転職術決定版

ゆるゆるママナース
yumi

最近外来が忙しくて…。この間クレーム処理してから、なんか職場に行きたくない…
あら、ゆずがそんなこと言うなんて珍しいわね。
それもこれも、病院の時給が何年も据え置きだからよッ。
う~ん、確かに大変な思いして給料が上がらないと、モチベーション上がらないよね~。
モチベーションの高さは給料と比例するのよ!!

『みかん』何だか名言(?)っぽいことを言っていますが…。外来にお勤めの皆さんは、どう思いますか?

同じ内容で給料据え置きだったら、長く勤めても意味ないかな、と思っちゃうな。

わかります、その気持ち~。

本当?嬉しいわ~。

ましてや外来って患者さんとのかかわりが薄くて、やりがいを感じにくいから…。「給料日だけを楽しみにしてる人」って多いと思うんです。

うん、うん。

この記事では今病棟に勤務している人も外来で働いている人も、「外来の求人を探すときの求人選びにこんなことを気にかけてほしいな」というポイントをお伝えします。

ポイント?気になる~

病棟から外来への転職を考えている皆さんも、よく聞いてくださいね~。

病棟と外来の看護師の違いは?仕事・給料を比較してどっちがいいのか考えてみた。
学生の時、外来実習って1日しかなくってよくわからないんだけど~。お姉ちゃん、外来って病棟とどう違うの? う~ん…それは話せばすご...

外来看護師の求人を探す前に!何を大事にすべきか

病棟から外来看護師への転職・移動を検討している看護師の皆さんは、今の生活に疑問を感じています。

給料はいいんだけど、忙しすぎるとか、任されることがあってやりがいがあるけど、責任が重すぎるとか。

今の生活を見直し、自分は外来に転職したほうがいいのかな?と思った方にも、まず確認してほしいのが「生活するうえで大事なことは何か」、という事。

私なんかは子供との時間が7で、収入は3。子供の方が大事~。
私はもし家庭があっても仕事5・家庭5よ。どっちもいる。ナースとしてのキャリアも生活もどっちも大事だもの!!

性格によってだいぶいうことが違いますね。そこそこの収入があればよいのか、看護師のママが稼ぎの担い手なのか。その価値観によって選ぶ職場は変わってきますよね。

看護師のタイプ別・おすすめの外来求人はコチラ

職場に求めていること、大事にしたいことの確認が終わったら、職場選びですね。おすすめのタイプ別外来求人はこんな感じです。

とにかく安定した収入を求める人

常勤看護師がおすすめ。なにせボーナスがある分、年収が高めですからね。

夜勤は?やったほうがいいの?

病院によっては「外来当直をしないと、パート扱い」という求人もありますし、「夜勤なしでも日勤常勤の求人」を出す病院もあります。

個人的には子供がいる既婚者には日勤常勤をおすすめしますね。

私も、夜子供と離れるのは抵抗あるな。

過去に一緒に働いた既婚の看護師で、夜勤をしていたのは

  • 夫も交替勤務をしていて、当直入りの時は夫が子供の世話をしている
  • 親と同居している
  • 子供はすでに大学生など、自立している

といった人たちでした。子供の性格次第でしょうけどね。また、独身の看護師で「夜勤を含めた交替勤務はきつい」という方にも、外来常勤はおすすめですよ。

家庭第一!無理なく働きたい人

扶養の範囲内のパートがおすすめです。「1日4時間で週に2~3回」「1日7時間で週に2回」などで、あとは夏休みなどを合わせながら計算して勤務時間や収入をセーブし、夫の扶養から出ないようにします。

この働き方いいよね~。疲れがそんなにたまらないから、子供と穏やかに過ごせるもの。

私もこの働き方大好きです!だって楽ですから!

yumiさん、楽な働き方にハマってるわね。

そ・そうなんですよ。これはいけませんね~。一度楽な道に行くと、なかなか抜け出せなくなります。10年、20年続けるとフルタイムの人とは仕事の経験に差が出るのは当然です。時々、「これでよかったのか…」と考えてしまうんですよ。皆さんも楽な方へ行くときは、よく考えてくださいね。

特に夫が勧める時はね。
……

収入・仕事も「そこそこ」を求める人

日勤パートの外来看護師がおすすめです。時給次第ですが、フルタイムで週に4日勤務しても手取り20万はいきます。

「ものすごく高い給料」じゃないけど、やっぱり妻の月収が20万あると違うわよね。

それに厚生年金に加入すれば老後はしっかり年金がもらえますし、年間の勤務日数が多い分、有休も、常勤と同等の日数がつきます。

ただし、有休が消化されるか捨てられるかは、師長の腕と病院の方針次第。

「良い求人だと思って入ってみたら、毎年有休を捨てることになった」では、残念ですよね。このあたりの面接で聞きにくい事項は、転職サイトに入って貰って聞くと、情報が把握しやすいでしょう。

【保存版】看護師転職サイトの選び方とおすすめ求人サイトランキング
ねぇねぇ、看護師転職サイトって知ってる? もちろん!無料で求人を紹介してくれるやつでしょ? あんた、そんなことも知らないの? なんとなくは知...

年収の高い外来看護師になりたい人にオススメの転職術

急性期病院の常勤看護師

大学病院、公立総合病院、独立行政法人の地域中核病院などの急性期病院は簡単につぶれないので雇用は安定しています。

急性期病院は、療養病院よりも給料が良い傾向にあるしね。

ただし、年齢が上がってからこれら病院への転職は難しい場合もあるので、安定した生涯収入が欲しい人は、30代半ばまでに応募することをおすすめします。その方が採用率は高いので、安心してずっと働くことが出来ますよ。

自費診療の単科クリニック

自費で診療をするクリニックは看護師の給料が高い場合が多いんです。

  • オペ中心の美容外科
  • レーザーを行う美容皮膚科
  • 男性診療科(AGA・泌尿器など)

こうしたクリニックの良いところは、「夜勤していないのに夜勤してる人並みの年収」を得られることがあるってことです。

ほんとに?!

だってね、過去に行ってたクリニックで、年商を聞いてしまったんです。億単位でした。

げげっ!!そこ行きたい!

だからナースの年収出すなんて「へ」でもないでしょう。まあ、院長の気持ち次第でナースの給料も変わるんじゃないでしょうか。夜勤なしで高収入を得たい人にはおすすめです。(個人経営ですので、実際の給料はクリニックによります。)

そして弱点は…採用に容姿と年齢を重視することがあるということ。

えっ、それって昔の話じゃないの?

もちろん、一昔前に比べたら減りましたが…。同期の友人が美容皮膚科に勤務していたそうですが、だれが見ても美人だったりとか。

うん、あるあるそういうの。私が通ってる美容クリニック、看護師はみんな目がきりっとしていて似た顔が多いの。
院長の好みの顔なんだよ。
職権乱用じゃん…。
すまん…。
え、パパ顔で採用してるの?
あっ。

おやおや、もめ事になりそうですが…。看護師は友人も同業者であることが多いので、「あのクリニックは顔で採用しているらしい」など、こうした話は耳に入ってきますね~。若くて容姿に自信がある看護師は、それを売りにすることも可能なんですね。

な・なんか違う職業みたいだね~。
美容クリニック(美容外科・美容皮膚科)の看護師求人選びで失敗しない方法
ふんふん。実務経験2年以上…。 『れもん』お姉ちゃん、何してるの?? いや、ね。美容系のクリニックで働いてみようかなーって思うんだけど...

時間・仕事内容など条件重視で外来勤務したい看護師さんへ

健診クリニック

受診者は主に「検診を受ける事・会社の健診の2次健診」が目的。心電図や採血など、決まったコースをスムーズに回るように介助するのが看護師。

健診クリニックの良いところは対象者が疾患を持つ人ではないことが多いので、「急変もあるかも」なんて、ピリピリいなくていいところです。トリアージ力やサーフローでの点滴など、看護の手技に自信が無い、ブランクのあるナースにもおすすめなんですよ。

そうか、ごくまれなケースを除いては急変も滅多に起きないし…。心穏やかに外来で働きたい看護師には最適の求人ね。ストレスも少なそう~。

良くない点は、健診バスでの巡回健診もしているクリニックだと、朝の出勤がすごく早いことです。検診自体の開始が8時だと、出勤は7時半過ぎですから。

家族のお弁当や朝食準備考えると、起きるのが5時台になるな…。子供が小さい人には厳しいかもね~。

ま、子供の手が掛からなくても、朝が早いのが苦手な人にも厳しいですね。

あ、私の事だ。

また、業務は毎日同じ検査の繰り返しになります。検査技師の様に12誘導心電図・聴力検査・尿検査・腹囲などもやりますから…

私だったら退屈になりそうだ。私、暇な職場では死んでしまうの。

コラコラ。健診も正確さを求められるので暇ということはありませんよ。相手はお客様ですから、少しのミスがクレームにつながる厳しさもあるんですからね。

一度の採血ミスで始末書を書かされたりね。
ひえ~~。

厳しい面もあるのですが、看護技術が決まった範囲に限られている分、「看護師としてもっと成長したい、看護の技術を磨きたい」という若い人には物足りなさを感じるかもしれませんね。若い独身のナースには特に。

でも、主婦にはおすすめよ~。

はい、主婦に人気があり過ぎて、健診クリニックは募集がかかると応募が殺到し、埋まるのが早いんですよ。こうした求人を狙うなら、普段からアンテナを張り巡らせてかないといけませんね。

保険診療の単科クリニック

●内科

求人数が一番多く、応募する看護師としても業務内容が予測できるので、親しみがわく求人です。

採血・点滴・診療介助…。今まで病棟で経験したことが生かせるって人も多いわね。

一般内科などは特に、「働いている人が通院している」ことが多いので、夕方以降が昼間と同様に混みます。「内科受付時間ぎりぎり」、もしくは「受付時間が過ぎていても」患者さんが押し寄せることもあるんです。受付が18時までのはずなのに、ナースが帰るのが21時になったり。

ぎりぎりにくる人ほど具合悪くて、点滴になったりするからねえ。

点滴の管理して最後の患者さんを見送り、それから片付けですから。風邪で来院する人が多いので特に冬場は忙しく、肉体的にもきついところが多いですね。

看護師も風邪をもらっちゃうこともある…。

●小児科

「小児科病棟出身だから」「子供好きだから」という理由で応募する看護師が多いのが小児科ですが、来院するのは子供だけではないんです。

え、なに??子供だけじゃないの?

最近では核家族化が進み、育児に不安をかかえるママが「モンスター化」することもありますので…。子供の看護よりも、お母さんとのかかわりの方が大変だったりします。

チェッ、小児科だから子供だけ看られるってわけじゃないのか~。

子供を産んでいない若い独身看護師には、「子育てもわからないのに…」という、ママからの無言の圧力を感じることもあります。

反対に、主婦として、子育ての経験がある方は、「若いママの味方になってあげる」ような気持ちでママの援助もできるのでおすすめです。

小児科の看護師求人はどう選ぶ?小児科で働きたいナースの転職術
小児科で働きたいっていう同期がいるんだけどさ。求人選びに困ってるみたい。 小児科がある総合病院だからって、小児科に欠員があるとは...

特に残業の少なさで選ぶ

なるべく時間きっちりで仕事を上がりたい看護師には、残業が少ない単科のクリニックの求人がおすすめです。

●脳外科

それぞれの疾患の罹患率を考えるとわかります。世の中、内科疾患に比べて、脳外科疾患の外来に通う人って少ないですよね。総合病院の中でも、「内科はバタバタしているのに、脳外科は暇そう」であることが多いんです。

暇とは何だ!!
あら、パパに言ってないでしょ。パパ、脳外じゃないんだし。落ち着いた単科クリニックでも、テレビに出たりしている先生のところは超多忙だけど、そんなところはめったに無いしねえ。

●皮膚科

皮膚科でも、「皮膚科のみ」のところと「皮膚科形成外科」のところがありますが、残業が少ないのは「皮膚科のみ」のところです。

皮膚科オンリーのところは、軟膏処置・薬処方・アレルギー採血が主だもんね。

外科処置があると切開排膿・ちょっとした縫合がありますから、看護師にも外科ナースの要素を求められます。また、外来手術や外科処置に時間が掛かる分、診療が伸びることがあるんですよね。

●消化器科

消化器科の先生であれば内視鏡検査を実施します。ほぼ毎日であったり、曜日や件数を決めたり。

決まった件数をこなしている先生なら残業は少なめね。

ハイ。ただ、内視鏡の介助ってピリピリします。慣れれば良いんですけど、先生が指示を出すより先に看護師が動かないとイラッとされることもありまして。

ふう~。ドクターって本当にメンドクサイね…。
オイッ!

消化器内科・消化器外科どちらの先生が消化器科クリニックを開業したかにもよりますが、外科の先生であれば、痔ろう、痔核などの肛門疾患を見ますので外科処置があります。急性の炎症の場合、切開排膿など外科の処置が入ると残業になることはありますね。

私なら、多少残業があっても、先生がイイ人の方が良いなあ。
パパみたいな素敵な人ね♡
そ・そおかあ??
……

息の続く職場選びを

拘束時間・扱う科目など、選び方によって全く専門が変わってくるのが外来看護師の求人。病棟から外来へ転職した場合、外来の仕事内容が事務的で、今までと違うことにまず戸惑います。

その戸惑いを最小限にするには、やっぱり大事なのは情報収集です。身体の事や家庭の事を考えてどうせ転職するなら、長く続けられる外来に転職したいですよね。

自分が大事に思っていること、外来に行こうと思ったきっかけをしっかりと転職サイトの担当者に伝えて、ながーく勤められる外来の求人をつかんでくださいね。

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。