看護師転職大作戦

看護師が年収500万円以上を稼ぐための具体的な方法とモデルケース

転職応援ナース
さくらこ

看護師として働くのって体力もいるし本当に大変。だからこそ、一定の額の給与は誰でも欲しいと思いますよね。

うんうん!お金欲しい欲しい!!
まぁ、働く以上、きちんと報酬はもらわないとね
正当に評価されるってことは大事よね

そうそう、できれば高収入になることが望ましいというのが本音だと思います。

高収入と言われる金額の目安としてよく言われるのが年収500万円。みなさんも、500万円以上を稼げたら良いと思いませんか?

最高!

ですよね!今回は、年収500万円以上を稼ぐことができる職場への転職をするためのポイントをご紹介しますね。

看護師の給与相場から考えて年収500万円は無理?

看護師さんの給与体系は、働き方にもよりますが、基本的な例として、看護師経験3年目で、病棟に勤務しているような場合ですと、平均的には年収400万円台後半であることが一般的です。

みんなそのくらいだって言ってるもんね
経験年数を積まないともっともらうのは難しいよね

そうなんです。年収500万円を越える看護師って限られているんです。

特に、大規模な大学病院のような施設では、だいたい同じような金額であることが多く、差がないのが現状です。

確実に年収500万円以上を稼げる看護師求人の探し方

では、具体的にどんなポイントに注目して、年収500万円以上の高収入を得られる職場の求人情報を探せばいいと思いますか?

面接で思い切って聞くのがいいかな
募集要項の金額しかないんじゃない?
先に勤務している先輩ママナースに聞ければいいんだけどね

確かにそういった方法もありですが、もっとも効果的な3つの方法をお勧めしますので、参考にしてみてくださいね!

病院の規模に注目!

まずはともあれ、病院・施設の規模に着目する必要があります。

これは大きければ良いとか、小さければ良いということではなく、その規模に合わせてチェックする点が違うということです。

え?具体的にはどういうこと?

例えば、大きな規模の施設では、たくさんの職員が働いているため、交通費の支給や、退職金の制度などがきちんと整備されていることが多いです。

確かに組織が大きければ、それだけ制度が必要だからね

ただし、制度がしっかりしているからこそ、学会などへの参加などで経費が掛かる可能性があるということを頭に入れておきましょう。

その費用がどのくらいなのか、頻度はどの程度なのかなど、勤務以外の活動について転職前にしっかり確認する必要があります。

満足に稼げても「結局出費が多い!」ということでは納得できませんよね。

年収500万円という給与は、それほど遠い夢ではありません。頑張れば手が届く金額であるからこそ、研修等への参加で旅費は自腹かどうかなどの細かい点がすごくシビアなんですね。

逆に小規模な施設の場合は、退職金や有給制度などが整備されていないことがあります。小規模な病院やクリニックで働きたいという方は、そういった制度がどうなっているか必ず確認しておきましょう。

このように、施設規模の違いによる特徴を事前に把握しておくことは、後々に役に立つと思いますよ。

勤務形態に注目!

これは想像が簡単につくと思いますが、やっぱり年収500万円以上の高収入を狙うのに外せないのが、夜勤です。

やっぱりね!

まぁ夜勤が稼げるのは当たり前ですよね。その分、日勤よりも体力的にも精神的にも疲労度が高いわけですから。

夜勤で稼ぐと言えば、やっぱり夜勤専従看護師の求人です。

私の同期は、高収入を目指して夜勤専従看護師として働いています。彼女は、月の半分を夜勤をこなすスケジュールで、年間500万円後半から600万円弱を稼いでいますよ!

でも、夜勤って体力勝負なところがあって、長く続けられるか不安だよね

人によってですね。体力に自信のない方は難しいかもしれませんが、夜勤サイクルが体に合っている方であれば、夜勤を中心とした勤務期待を選択することで、確実に500万円以上の収入が望めますよ。

夜勤で稼ぎたいけど夜勤専従はきついという方は、救急看護師の求人手術室の看護師求人ICUの看護師求人などがおすすめです。

これらの部署は夜勤の回数が多いため、日勤業務と並行して行いたい場合におすすめの転職先です。

昇格制度に注目!

これは意外なことかもしれませんが、実は募集条件にある「月給」や「時給」よりも大切なポイントなんですよ。

求人情報に書かれている金額はあくまでも「平均給与」や「スタートの金額」というのがほとんど。将来どのくらい稼げるのかという将来の具体的な話は一切書かれていないことが多いのです。

  • 長く勤務することで昇格があるのか
  • 昇給があるとすればどのくらいの頻度でどのくらい上がるのか
  • 専門スキルのスキルアップをすれば給与が上がるのか

こういったことが分からないということです。

そうそう、実際にはっきり金額がわかることって少ないわよね
そうそう、実際にはっきり金額がわかることって少ないわよね

そこで、昇給について詳しく知りたいと病院に問い合わせましょう。

えっ…、応募もしていない段階で聞くのは気が引けるよ

ですよね。嘘言いました(笑)

嘘かよ!

正確には嘘ではありませんが、やっぱり自分で聞くのは気が引けるという人の方が圧倒的に多いと思うので。なので、看護師転職サイトを使った方がいいですよ。

転職サイトって求人を紹介してもらえるだけじゃないの?

転職サイトって求人に応募する前に職場の内部情報を事細かに教えてもらえるんです。具体的な昇給制度の内容、これまでどういった昇給があったのか(昇給実績)といったことを知ることができます。

もしその病院の情報を転職サイトが持っていなくても、担当者さんに代わりに聞いてもらうということもできますよ。

それなら自分で聞かなくても、将来どのくらい稼ぐことができるイメージつきやすいね!

スキルアップでの年収アップが見込める病院であれば、積極的に外部研修への参加を進めたり、資格取得を後押しするような奨学金制度を持っているかなども求人の見極めポイントです。しっかり転職サイトに聞いておきたいところですね。

年収500万円以上の看護師の転職モデルケース

ここまで、年収500万円以上の求人を見極めるポイントを見てきましたが、ここからはいくつかのモデルケースをご紹介します。

どれも私の周囲の友人の実体験ですので、これから転職を考えている方は参考にしてくださいね!

美容系クリニックへの転職で年収550万円以上になったAさん

Aさんは看護大学を卒業して、そのまま付属の病院へ勤務することにしました。

外科病棟に配属されて半年ほどたった時でした。他の病院で働く同期と給料の話になったときに、給与の違いに驚いたそうです。

基本給にそれほど大きな差はありませんでしたが、ボーナスが全く違ったそうです。

それはかなりショックだね
私なら辞めたくなるかも

なぜ就職するまでその差を知らなかったかと言えば、求人案内の情報には、月給の記載があることがほとんどで、年収として書かれていることが少ないことから、差に気が付きにくいということでした。

そこでAさんは、もっと高いお給料をもらえる職場へ転職することを決意しました。

選択肢として、同期のいる病院に転職することも考えられましたが、もっと良い場所があるはずと考え調べ始めたところ、美容系クリニックの求人に行きつきました。

外科病棟のように多忙なこともなく、さらに夜勤による疲労とも無関係!なにより、そんな好待遇にもかかわらず、美容系のクリニックは患者ごとの単価が高いので、年収550万円以上の年収であることも分かりました。

そのため、すぐにそのクリニックへ転職しました。

また、勤めてから分かったそうですが、最新の美容機器なども使用することも可能で、メリットがたくさんあったそうです。

いいなぁ~おまけのメリットって大事だよね!
美容外科の看護師は高収入ってホント!?給料とノルマの実態を暴露します!
ふん、ふん、ふーん(*^^*) ママどうしたの?ご機嫌だね〜 美容外科で美白のレーザーして来たみたいよ 美容外科?エステじゃなく...

夜勤中心の勤務スタイルで年収アップしたBさん

一般の病棟などに勤めていると、日勤と夜勤の繰り返しのリズムに、体調を崩す人も多いのではないでしょうか?

それに、家族との時間も上手く取れなくて、結構ストレスになったりするのよね

Bさんも、ストレスを感じる一人で、夜勤に対してマイナスなイメージを持っていたのです。

しかし、ある時発想を逆転させて、日勤と夜勤と2つのパターンがあるからつらいのではないか?と考えました。

「いっそのこと夜勤だけのシフトにすれば体も慣れるし、楽な上に高収入が望める!」と考え、夜勤専門の看護師として、フリーで働くことにしました。

最初は、そのリズムに慣れずに苦労したようですが、一か月も続ければ余裕が出てきて、むしろ自由な時間を大いに楽しむことができるようになりました。

どっちかのリズムだけになれば体はずっと楽だよね

一度夜勤を行えば、翌日は必ず休みなので、予定も立てやすく、夜勤と日勤をやっていた時よりも、リズムがつけやすくなったという嬉しい面もありました。

さらに、単発の夜勤を高額で募集している病院も多くあるため、収入は転職前に比べてかなり上がったそうです。

年収500万円という現実的な収入アップを図るためには、Bさんのように働き方を変えるというのも一つの方法ですね。

夜勤専従・夜勤バイトで働く看護師のお給料を暴く!夜勤だけナースの年収・月収実態
見て見て!「夜勤1回3万円」ってスゴクない!? 今の病院の夜勤手当は1回1万円もないのに、いいなぁ。 ん?それって夜専とかバイトの話じゃないの...

スキルアップして高収入になったCさん

スキルアップってどういうことだろう?経験をつむってことかな~
きっと、資格を取ったりして専門性を高めることなんじゃない?

その通りです!

認定資格などを取得したり、研修などを受けて管理職に昇格することです。

Cさんは救急部に勤務していたため、もっと救急関連の専門性を高めたいと常々考えていました。

しかし、当時勤務していた病院では、認定看護師の資格を取得するためのサポートなどはなく、むしろ勤務の調整なども行ってくれないような職場でした。

そこで、もっとサポート体制の高い転職先を探して、似たような条件の比較的規模の大きい病院に転職しました。

転職時の面接で将来像をしっかりと語ったCさんは、入職後もその言葉通りに行動した結果、認定資格を取得した後には、昇進とともに給与も上がっていきました。

そして、そういった努力が認められて管理職につくことにもなり、年収500万円どころか年収600万円以上の収入になったそうです。

看護師が年収600万円以上稼ぐのは無理!?理想と現実のリアルな話
いきなりですが、どうせなら高収入を得たいですかー? もちろん!! ですよね。では、いきなりですがここで問題です! ...
すごーい!やりたいことを曲げなくても転職で高収入は望めるってことね

私はこれが一番大事だと思います。

高収入のために、やりたいことをやれなくなっては意味がありません。しかし、制度に注目することで、やりたいことをやりながら高収入を得られる職場もあるということを忘れないでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?具体的に高収入を得られるような転職先のイメージがつきましたか?

実際にはもっとたくさんの選択肢が世の中にはありますので、何を優先したいかをじっくり考えてから、次の職場探しをしてみるのはいかがでしょうか。

素敵な職場がまだまだたくさんありますよ!

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。