看護師転職大作戦

リハビリテーションの看護師求人の選び方のコツと転職のポイント

のんびりママナース
どんぐり

私、最近リハビリテーションに興味があるんだよね。
え?私みたいな『できるナース』目指して急性期で働いていたいんじゃなかったの?
もう毎日の急変に、残業に、勉強会に疲れちゃって。
それでどうしてリハビリテーションなの?
リハビリテーション科のような回復期って患者さんとしっかり関われるし、元気に回復して退院していくでしょ?
残業だって少なそうだし!
リハビリテーション科で働くと言ってもリハビリ単科の専門病院と、総合病院内のリハビリ病棟があるわよ。
そうそう、違いが今一つわからないの。どうやって転職先を探せばいいの?

前回は、リハビリテーションの看護師の仕事内容をご紹介しましたが、この記事ではリハビリテーション科の転職先選びの方法をご紹介していきます。

リハビリテーション単科の専門病院と、総合病院内のリハビリ病棟との違いは?

リハビリテーション単科の専門病院の特徴

まず、リハビリ単科の専門病院の場合、機能回復のための機能訓練室や入院施設が主になります。

病院によっては、温熱・電気・光線治療室や、温水プール、ADL(日常生活訓練)室、言語療法室などの施設や設備が十分整っています。

総合病院とは違ってなんだか施設みたいね。

リハビリ単科ということで、確実に経験を積みスキルも磨くことが可能です。

これからの高齢社会、ますますリハビリテーションの需要が高まるのよ。
将来のキャリアアップに繋がるじゃない。

総合病院内のリハビリ病棟

逆に総合病院内のリハビリ病棟はどうなの?

リハビリテーションはどうしても医療の最前線から遠ざかるイメージですよね。

でも、「リハビリテーションのスキルを身につけつつ、最新医療も学びたい」と考える看護師さんは、大きな総合病院のほうが良いかもしれません。

今はどこの病院も術後のリハビリテーションってあるよね。
リハビリテーションで働いてから、げっ!やっぱり私には向かないわ!なんて思った時にも一般病棟に移動できるしね。

お給料面からみても、リハビリ単科の病院より、脳神経外科などを持つ総合病院のリハビリ病棟の方がお給料は高めな傾向にあるようですよ。

でも複雑な疾患を抱えてリハビリしたりとか、急変のリスクは高まりそうだけどね。

総合病院内のリハビリ病棟だと、何かあった時すぐに他の科に診察依頼ができ、必要に応じてすぐに転科し対応可能です。

急変ってどういうのが起こりうるのかしら。

例えば不整脈だと循環器、脳の再梗塞、再出血が起きたりすれば脳外科、転倒して骨折してしまったりすれば整形外科ですよね。

リハビリ科に入院中の患者さんは長いと6か月も入院していますので、入院中にこうしたトラブルが起こることも少なくありません。

そうした時に同じ病院内に専門の科があればすぐに診察依頼ができますよね。

けっこう医師も専門外のことはよくわからなかったりするんだよね。
早く専門の先生に相談してよって思うことあるよね。
あるある。
医者同士にもいろいろあるんだよ。
キャリアアップも考えている人は、リハビリ単科の専門病院。自分がリハビリに向いてるかどうかわからないって人は総合病院内でのリハビリ病棟が良さそうね!

リハビリテーション病院(科)は看護師の条件だけで探してはダメ!

一般病棟から来た看護師が最初に驚くのはナースコールの多さです。

リハビリが必要な患者さんですから、もちろんトイレ介助が必要です。

それがほぼ全員分ですからトイレに連れて行ったり、オムツ交換したりなどは勤務中ずっとやっています。

え~。大変。

リハビリ病棟で看護師として何をしたいかをある程度明確にしておかないと、毎日の排泄や入浴介助などの日常生活援助ばかりの単調な毎日を過ごすことになります。

働いていて嫌になっちゃいそうね。

リハビリテーション科での看護師としてのやりがいは、やはり患者さんが元気に回復して退院していくことです。

そのためにも、患者さんとじっくり向き合い、看護計画を立てて、看護師として自立支援をしていく時間が必要です。

勤務時間はナースコールに追われ、患者さんと向き合える時間がなくて、それを時間外で指導したりするのもナンセンスよね。

トイレのナースコールに追われて1日が過ぎるのではなく、やりがいをもって働くためにも、転職先のリサーチはとても大切だと思いますよ!

具体的には何をリサーチしていったらいいの?

まずは人員配置はチェックしておくべきだと思います。

よく10:1、とか7:1とか言ってるよね。

リハビリテーション病棟の看護師の配置基準は、病院によって異なりますが、10:1もしくは13:1以上です。

なんだか一般病棟よりもずいぶん受け持つ人数が多そうね。

そうですね。夜勤帯は看護師2名、看護助手1名という配置が多いと思いますが、そうすると夜勤は1人で20人近くを受け持つことになります。

え~!!多い!!
夜勤中、1人が休憩に入っちゃうと、残った1人が全員を受け持たなきゃいけないのね!!

夜勤帯は、看護助手はいるものの、看護師が1人になる時間がどうしてもでてきます。

そして夜間のトイレコールも多いんでしょ?私、やっぱりリハビリテーション病棟諦めようかな。。。

看護師だけで全てをやると考えると、不安になりますよね。

リハビリテーション病棟のいいところは看護師以外のスタッフも日常生活援助ができることです。

トイレ介助や入浴などの日常生活援助は、看護助手がメインでやってくれます。

実際看護助手の方が看護師よりも個々の患者さんのオムツの当て方や排泄リズムなど詳しかったりもしますよ。

それは助かるわね。

また、セラピストも吸引技術を取得していれば、気切患者の吸引もできますので、リハビリ前後の吸引や、リハビリ中に痰が増加して吸引で呼ばれたりすることもなくなります。

看護師だけで全てを行うわけじゃないのね。

セラピストや看護助手とのチームワークが良いと、よりスムーズに仕事を依頼し合いながら仕事ができます。

病院によっては看護助手やセラピストが不足していたりもしますので、そこもチェックできるといいと思います。

候補の病院が決まれば一度見に行って、看護師の様子を見られるといいかもね!
その病棟の働く環境をしっかりチェックして、転職後は定時で帰って合コン行ったりしたいわね!

リハビリテーション病院(科)の特徴を理解した上で、転職先を探そう

そういえばリハビリテーション病院の給料って安いのかな?

リハビリ病棟は一般病棟に比べて残業が少ないので、全体的に給料が低めです。

それを把握したうえで、基本給や残業代などを計算しておくといいですよ。

一般病棟のお給料の感覚で転職するとあまりの少なさに驚くかもしれません。

あ~。給料少ないの私はダメだわ。
勤務は2交代よね?

リハビリ病棟は比較的、年配の看護師が多いんです。

そのため夜勤が2交代ではつらく、3交代を希望される人も多いです。

自分が2交代希望であっても3交代勤務を組まれる可能性があります。

え~。そうなの?そこも確認した方が良さそうね!
ねえ、みかんはリハビリ病棟でゆっくり働いて将来は結婚、出産なんかも考えているの?
そうそう。残業が少なくプライベートを充実させて、将来的には子だくさんの幸せな家庭を築きたいの!
世の中そんなに甘くないのよ!

リハビリ病棟は体力仕事なので、妊娠中は切迫早産などのリスクが高いのも特徴です。

将来出産も考えている方は、同じ病棟に妊婦や小さなお子さんを子育て中の人はいるのかなどはよくチェックしておいた方がいいですよ。

私の場合は同じ病棟にそういった方がいませんでしたので、体調不良による病欠なども理解を得にくかったです。

え~そうなの?
看護師って女の世界だからね!休んだりしたら怖いんだから!
特徴を理解しながら、自分はどういう働き方がしたいのか、自問自答しながら探してみなきゃね!!
自分に合った病棟へ転職できますように☆

人気記事ベスト5

 

登場人物

のんびりな性格の新人ナース。2人の姉の影響で看護師に。色々なことに疎く、生き方もなぁなぁ。

キャリア志向のナース。趣味はセミナー巡り。大の血管好きで血管愛好家という一面も。

仕事と子育ての両立に励むママナース。2児の母。三姉妹の中で最もおっとりした性格。

みんなに愛されるダンディな開業医。頭から生えてきた額帯鏡がチャーミング。

仕事も男も経験豊富なベテラン看護師。数多の男を落としてきた美脚は今なお衰えていない。

犬か猫かどっちか分からない正体不明のペット。自分もナースだと思い込んでいる。